派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【初めての転職】派遣介護士を選んだ一番の理由 file9

派遣のメリットは、時給だけではありません。メリットは他にも存在します。

 

 介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「介護業界で働いてみたいけど・・・」、そんな不安の解消に役立てられるよう、13年以上の介護現場での体験を綴っています。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

 

「介護士」への転職を薦める理由を、メリットを盛り込んで解説しています。是非、読んでおいて下さい!!

            ↓↓↓↓

www.careismylife.com


派遣介護士を選択 / 「給与」と「楽してる」の一言

 

 

2年間、非常勤職員で就業した「グループホーム」を退職。いよいよ、他施設での挑戦です。

 

「手取り14万円」生活が終了することになりました。


「楽してる」の一言で奮い立つ


最初の「グループホーム」での業務は、今振り返ると身体的にも精神的にも「楽」でした。

 

施設に併設されていた「地域包括支援センター」のケアマネージャーさんからは、「ここは楽だから」と軽視する発言を、よく投げかけられていました。他施設を経験している先輩たちも異口同音でした。

 

ここに居ては、他施設がどんな過酷な条件下で、仕事をしているのか知るすべはありません。業界の事を無知なままで、時間を過ごし続けているわけです。

 

他の施設に興味が沸いてきました。


「昇給」の通知で決断


他施設が気になり始めた頃、昇給の通知が来ました。


金額は時給830円


1年半勤務して、昇給は10円でした。

非常勤スタッフは、社内規定で「昇給10円」とのことでした。


ここで退職の決断をしました。


「退職願い」を申し出た後、「時給1000円」を提示されたが、もう残留の意志はなかったです。最初から「時給1000円」を提示されていたら、今も「ぬるま湯」に浸かっていたかもです。

 

初めての業界内転職 / どうやって施設を選べば良いのか


どこにするか迷いながら、ネットで求人広告を見ていて、決めたのが「派遣社員」でした。

 


・いろんな施設を渡り歩ける(経験値が上がります)
・事前の情報が得られる
・非常勤より収入が高い
・短期間でも退職がしやすい(人間関係が心配)

・働き方に汎用性が持てる(日勤のみ・夜勤のみなど)

 

 

どんな施設にも当てはまることですが、仕事内容や人間関係なんて、「行ってみないと分からない」のが実情です。しかし直採用だと、退職は容易ではないし、渡り歩くことなんて無理です。

 

派遣を選択した理由は、

「いろんな施設を経験してみたかった」

これが一番の理由です。


提言 / 派遣のテクニック

多くの「派遣介護士」の方々と、出会うことで知ったのが、ほとんどの方が複数の派遣会社に登録しておいて、契約終了が確定した時点で、各派遣会社に連絡して「求人情報を集める」ことでした。


次の就業までの、空白期間(無職)を避けるテクニックです。

 

私はそんな事も知らずに、派遣会社を一つに絞り込みました。

 

次回は、派遣介護士の雇用条件と、派遣登録から施設面接までの流れをご紹介します

           ↓↓↓↓

www.careismylife.com