派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【施設選びのポイント / 認知症対策】 現場経験者が解説 / 「グループホーム」メリット・デメリット file5

認知症のご両親が入所する施設となると、現実的な選択肢は「グループホーム」になります。

 

実際に私が経験した情報と、元同僚たちの経験を併せ、「施設探しのポイント」を紹介してゆきます。

 

介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「両親の介護施設を探したいけど・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

www.careismylife.com


 

認知症対応型共同生活介護施設 / 共同生活で認知症の進行を防ぐ

 

 

「グループホーム」って、どんな施設?

「認知症の専門施設」と言えば,、分かりやすいでしょう。

 

「グループホーム」って、どんなとこ?

最大9名をワンユニット(一つのグループ)として、認知症の方々が共同生活を送りながら、今までやってきた家事や趣味をベースにして、認知症の進行を防ぐことを目的とした施設です。


よって、入居者は全員認知症であることが前提となります

 

「グループホーム」現場の実際

スタッフの人員不足や、入居者の認知症重度化もあり、料理や買い物などの家事全般を、入居者が行う施設はほぼありません。洗濯畳みや、レクリエーションのお菓子作り程度です。


洗濯畳みの軽作業も、できない入居者が半数以上なのが現状です。

 

料理も「外注」や「調理パートさん」を雇う施設がほとんどです。

 

※介護職員が調理業務もするホームは、買い物や調理時間に忙殺され、入居者さんとの関わりが希薄になる傾向があります。

入居選びの際には、検討事項として入れておくべきです。

 

介護職員が調理業務と介護業務を兼務している「グループホーム」はお勧めしません

 

「グループホーム」の今 / 法律と制度

最大9名のユニット制で、法律では「3ユニット」まで設置が認められていますが、私が業界入りした2007年時点では、既に行政からの総量規制がかかっており、「3ユニット」の許可が下りる施設はありませんでした。

 

私が勤務した施設では「3ユニット」で建設したにも関わらず、「2ユニット」しか許可が下りず、ず~と「1ユニット」が空き家状態でした。

 

そのユニットは、何に使っていたか? 

それは倉庫でした

 

トイレや洗面所、それにベットも備え付けた個室完備のユニットが倉庫ですよ !!

建設コストの無駄ですし、何より社会資源の無駄ですよね

 

13年経過した今も、倉庫として活用されているはずです

 

「グループホーム」に総量規制がかかる訳

それは認知症の介護に、困っているご家族が多過ぎるからです。


介護保険は破綻寸前です。(いや、既に破綻状態だ)

 

多くの方が「グループホーム」に入所すると、介護保険が逼迫するので、認知症の介護は自宅でしてもらい、介護保険の使用は極力少なくしてもらおうという、厚生労働省の狙いがあります。


「グループホーム」の始まりって?

私が勤務した施設は、「グループホーム」の元祖だと自負していました。

 

これは事実のようです


一部屋に複数の方が暮らす施設や、療養型病院が一般的だった頃。
プライベートを確保した「個室」で、自宅と同じ生活を維持しながら、認知症の方が暮らせる場所が欲しいよね、と親会社の役員の提案で設立したそうです。


開設当時は業界でも大きな話題になり、全国から毎日のように業界人が見学に訪れ、受入れが大変だったようです。

 

これが時間をかけて全国に広がり、「特別養護老人ホーム」も含め、個室ユニットが介護施設の基本となりました。

 

今では個室ユニット型施設でなければ、役所の認可が下りません。

 

「施設探し」のポイント紹介/ メリット・デメリット

メリット

・有料老人ホームより安価
・介護度が入居の条件とならない(特養は要介護3以上です)
・最大9名なので、スタッフの眼は届きやすい

 

デメリット

・同一市区町村に住民票が必要(地区により特例措置もあり)

・看護師がいない
・救急搬送の受け入れ病院が見つけにくい(グループホームあるあるです!)
・他傷を受ける可能性がある(他者に手を上げる認知症は多いです)

 

入居条件は低いが、「医療的なマイナス要素」が強いのが特徴でしょうか。

 

医療的な介護が必要な方は、「特養併設の福祉法人」や「元看護師の施設長」がいる「グループホーム」なら、「医療的なマイナス要素」が緩和される可能性があります。

 

介護職員が調理業務をしない「グループホーム」がお薦めです。

調理業務があると、利用者さんとの関わりの時間が、思うように確保できないからです。介護業界は慢性的な人手不足の業界です。

 

重要

グループホーム経験者や病院の看護師なら、誰もが知っている事実です。

一読されることをお薦めします

      ↓↓↓↓

【グループホームあるある / 認知症対策】救急搬送先(病院)が見つけにくい理由 / 医療従事者の労働環境 file35 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策


www.careismylife.com

 

施設選びの注意点

「パンフレット」や「ホームページ」だけで、施設を選んではいけません


施設選びに必要な「3要素」は、

「情報」「見学」「体験」

 

手間を省くことなく、正しい過程を追って、入居契約をするべきです。

拙速な契約は避けましょう。

ご両親のために時間と労力を惜しまず、ぜひ後悔のない施設選びをしてください。

 

入居コーディネーター(無料)の意見を参考にすると、検討がスムーズになり、リスク回避にも繋がりお薦めです。

 

 

施設をスムーズに選ぶために / 後悔しないために

 

業界実績がある大手サイトのみをご紹介しておきます。
施設選びがスームズに進み、皆さんの力添えになるはずです。

 

コーディネーター(相談員)を利用する場合は、アドバイスを受けましょう。
慣れない事全てを、自身だけで調べて実行するとなると、不安とストレスの連続になります。

知らないことを聞ける存在は、不安解消につながります

 

「勧められたから、ここにしておこう」は避けてください。

最終決定はご自身ですべきです!!

 

 

費用・入居時期・医療行為から介護施設を探す【かいごDB】

お薦めの紹介サイトさんです

全国規模で施設紹介を展開されている、知名度高い大手検索サイトです。各ご家庭の事情(介護度・予算・場所)に合わせて、絞込みも可能ですよ。
施設見学から入居までサポートが期待でき、有料老人ホーム以外も幅広く情報掲載されており、利便性も高く、力添えとなるでしょう。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます。

  

 

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

首都圏に限定されていますが、介護士の人材派遣もされており、内部情報も期待できます 。介護業界で幅広く、活動されている企業さんです。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

 

シニアのあんしん相談室 老人ホーム案内

全国規模で施設紹介をされている検索サイトです。細かく分類分けされており、ホームページも見やすいです。資料請求やメール相談も応じておられます

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

シニアのあんしん相談室

  

老人ホーム検索サイトNo.1

全国規模で施設紹介をされている検索サイトです。

取り扱い件数の多さは、嬉しいところです。ホームページも見やすく、資料請求してみる価値ありだと思います。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます