派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【裏話】現場介護士の経験談 / 「グループホーム」の実情を紹介します file14

元同僚たちの話と、私の実体験を纏め、グループホームの現状をご紹介してゆきます。


介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「両親の介護施設を探したいけど」「介護業界で働いてみたいが」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 


「グループホーム」の実際 / 介護仲間との経験談交換


「グループホーム」は「認知症」の方々の共同生活の場です。

 

でも実際はどうなんでしょう。

 

  

「グループホーム」が特養化している現状


「グループホーム」Bでは、身体介助が多く「認知症の共同生活の場」という空気はなかったです。

 

どこの施設でも同様のようで、特養待機者が多い現状からか、身体介助を必要とする方が多くおられます。「グループホーム」Bも、例外ではなかったわけです。


「グループホーム」理想の形骸化

スタッフの人員不足や、入居者の認知症重度化もあり、料理や買い物などの家事全般を、入居者が行う施設はほぼありません。洗濯畳みや、レクリエーションのお菓子作り程度です。


しかし洗濯畳みの軽作業も、できない入居者が半数以上なのが現状です。


料理も「外注」や「調理パートさん」を雇う施設がほとんどで、介護職員が調理をする施設はかなり少数です。

 


「グループホーム」の経営


最大9名のユニット制で、3ユニットまで設置が認められていますが、行政からの総量規制により、今では2ユニットしか許可が下りません。

 

私が業界入りした2007年時点で、既に総量規制は実施されていました。


入居者の最大値は、たった「18名」です。

 

「グループホーム」A時代、18名のうち2名が入院したら、採算の厳しいラインだと言われていました。

入院中は介護サービスを受けていないわけですから、施設には介護報酬が入りません。3名が入院すると、かなりの赤字です。


介護報酬の厳しい時代に於いて、「グループホーム」経営の継続性に危惧します。
切り詰める経費は「人件費」しかないので、職員の給与が上がることもないでしょう。

 

介護度を上げ、特養化するしか方法はなさそうですね。

 

www.careismylife.com


認可事業は行政次第


「グループホーム」Bでは、新設の施設にも関わらず、3ユニット開設できていました。
総量規制で2ユニットしか行政の認可が下りない時代に、

 

何故?との疑問がありました


当時、かなり不可思議でした

 

暫くして想像がつきました。


「寝たきりの入居者」の息子さんが、政治と強い関りがある有力者だったのが理由です。


政治を利用しないと現状は変えられない。そんなところでしょう。

国会議員を見渡しても、「建設族議員」はいても「介護族議員」はいませんね。


政治献金しようにも、この業界にはお金が集まりません。

 

www.careismylife.com