派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【派遣で働く / どう違う?】一般派遣・紹介予定派遣?/12年の派遣経験 file23

私は2021年で、派遣での介護歴が13年目になります。

 

今よりも、もっと良い条件で働きたい!

そんなことを考えていませんか?

 

あなたは、今に満足できていますか?

  

・給料を上げたい

・時間が欲しい

・サービス残業にうんざり

・ケース担当は面倒

・いろんな経験をしてみたい

・他の施設が気になる

 

 

「派遣」が一番良い方法です

 

でも、派遣で働くのは不安ですよね?

 

私も同じ想いでした

 

高いスキルがないと、採用してもらえない?

 

そんなことはありません!

初心者でもチャンスがあります

 

 

派遣なら派遣会社が、施設を探してくれます。

 

 

・探す時間がいらない

・労力がいらない

・条件交渉は派遣会社がしてくれる

・働きながら、次の転職先を見つけられる

 

 

派遣はメリットが多いです!!

 

特に「介護福祉士」「社会福祉士」を持っていると、かなり優位です

  

ここでは「一般派遣」「紹介派遣」について解説します

 

派遣契約は2種類ある / 「一般派遣」「紹介予定派遣」の違い


派遣として働く場合、

「一般派遣」「紹介予定派遣」の2種類があります。

  


「一般派遣」「紹介予定派遣」は、どう違うの?

 

誰もが思う疑問です

 

私は2009年1月から「一般派遣」で、派遣介護士を続けています。


「他の施設へ転職してみたいが・・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、11年以上の派遣体験を綴っています。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

・健康型有料老人ホーム 1施設
・介護付き有料老人ホーム 3施設
・住宅型有料老人ホーム 2施設
・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
・特別養護老人ホーム 1施設
・老人保健施設 1施設
・グループホーム 2施設(4ユニット)
・デイサービス 1施設
・障がい者(自閉症)グループホーム 1施設(3ホーム)
・居宅介護支援事業所 2事業所

 

以上の10業態(13施設・2事業所)を経験しています。

 

 

 


派遣登録時に、

・「一般派遣」

「紹介予定派遣」

 

どちらを希望するのか、派遣会社に伝えます。

 

事前に決めておきましょう!

 

「一般派遣」と「紹介予定派遣」の違いは何?


一般派遣

契約期間を決めて、その期間だけ雇用される制度

  

1.契約期間のみ働く(普通、2・3か月)

2.「施設」と「本人」の契約意思を確認

3.契約更新

  

この手順を繰り返します。

 


契約終了の1か月前、派遣会社が「介護士」「施設」両方に、契約更新の意志を確認します。

 

お互いが契約更新に同意すれば、契約が続きます

 

 


皆さんが、一緒に勤務している派遣社員は「一般派遣」です

 

 

介護施設の派遣介護士は、「一般派遣」が圧倒的に多いです。

 

社会保険は用意されています。

(私の派遣会社は、3か月目から加入)


健康診断も受けられます。

 

デメリットとして、

「派遣切り」に合う可能性があります。

 

・「派遣切り」を避けるコツは、紹介済みです

 

 

雇用条件や社会保険は、関連記事をみてください       

 

紹介予定派遣

 

「正社員」採用を前提に、派遣される制度。

 

期間内に、お互いの相性を見極める「お見合い制度」です。


「施設」と「あなた」の相性は、実際に働いてみないと分かりません

 

施設も同じ思いです。

 

一定期間を「派遣社員」として働いて、

お互いの相性が合えば、「正社員」採用となります。

 

 

「紹介予定派遣」のメリットを、挙げておきます

 

「正社員」採用を断る場合、

・派遣会社から、施設へ断ってくれる

・施設へ気をつかわずに断れる

・職場を辞めやすい

 

「正社員」になる場合、

・条件交渉を、派遣会社がしてくれる

・条件が合わなければ、正社員を断れる

 

正社員を目指すなら、いきなり就職するとリスクが高いです

 

「紹介派遣」制度を活用すべきです!!

 

メリットが大きく、デメリットは思いつきません。

 

他にもメリットは、たくさんあります

  

・人間関係を確認できる
(ナース・ベテランスタッフなど)

・職場の雰囲気・やり方を確認できる

・入居者の介護度を確認できる

・労力や仕事量が分かる

 

 

派遣だからこそできた、実体験を紹介しています

 

アドバイス / 派遣介護士を選ぶなら

  

・情報量(人間関係など)

・案件の多さ

・支払い能力

  

社歴や実績を優先しましょう

 

時間給の高さには、気をつけてください

 

時給の高い派遣会社ほど、「派遣切り」の優先順位が上がります。

 

アドバイス / 派遣就労のコツ

複数の会社に登録しておいて、比較できるようにしておきましょう。

 

複数に登録しておけば、派遣契約が終了しても空白期間なく、次の仕事場を見つけられます。

 

「正社員」を目指す人も、「紹介派遣制度」を利用して、転職失敗のリスクを軽減できます。登録をしておいて、いつでも申し込みできる環境を整えておきましょう

 

 

「登録無料」のサイトを紹介しておきます

 

お勧め / 派遣コーディネーター  ・ 介護専門求人サイト かいご畑

・ 「きらケア派遣」無料会員登録