派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【ロールモデル】 目指すべき姿勢 / 介護人生最大の「激闘の場」での出会い file13

介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

 

2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。


自分の介護スタイルが定まる / ロールモデルの存在

 

 

www.careismylife.com

 

ロールモデルって何?

 

ネット検索すると、ロールモデルとは

「自分にとって、具体的な行動や考え方の模範となる人物のこと」

と書かれています。

 

人が「こうありたい」と目標にする存在のことです。


https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-663200


欧米では「ロールモデル」という表現が良く使われますが、日本では一般的ではないですね。


介護業界での「ロールモデル」/ かなり年下の女性


介護人生で最高に体力・気力を費やした、「グループホーム」B。

 

ここでの上司は、私よりも17歳も年下の女性でした。

 

誰に対しても態度を変えず、文句や愚痴も言わず、暴れる利用者さんたちにも、嫌な顔も雑な態度も見せない、そんな方でした。
いつも冷静で、負の感情を表に出すことはありません。


「自分もこうであろう」と、自分のスタイルが定まった瞬間でした。


数々の施設で、社員同様の扱いを受けられたのも、あの時に定まった姿勢があったからこそかな、そんな思いが強いです。


あの時、彼女に出会わなければ「どんなタイプの介護士になっていたのか」、ちょっと不安になりますねえ。

 

提言

皆さんは「ロールモデル」に出会えましたか?

私の「ロールモデル」は、17歳も年下の女性でした。

 

決して教わるべきは、年上だけには限らないということです。あと性別も関係なしです。

 

www.careismylife.com