派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【夜勤手当】低賃金の介護業界を生き抜く最重要事項 / 施設長の気配り file4

「低賃金」の介護業界で生計を立てるには、「夜勤手当」は必須です。

 

・男性

・シングルマザー

 

生活費を必要とするなら、「夜勤手当」のない業態で勤務してはいけません。

 

ここでは私が業界入りして、直ぐに人事異動された経験を紹介しています。

「夜勤手当」のある勤務に、施設長が変更してくれた気遣いでした。

 

 

介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「介護業界で働いてみたいが」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。
 

給与アップ対策 / 「デイサービス」から「グループホーム」へ

 

私は介護業界へ入って、入社2日目に人事異動の打診がありました。

「デイサービス」から「グループホーム」への移動でした。

 

 

いきなりの「移動の打診」

2日目の朝、施設長に呼び出されて聞かれたのは

 

「デイサービス」と「グループホーム」どっちがいい?

 


いきなり聞かれても、


「グループホーム」って、何??


よく分からない状態です。

経験もなければ、知識すらありません。

 

施設長は「グループホーム」を薦めてくれました。

 

私は即答できませんでした。

 

翌日は40歳の誕生日。

「40歳の船出は険しいのか」

不安な介護業界デビューでした。


「グループホーム」を薦めた理由

「何で?」移動の打診があったのか?

 

理由は「介護業界の低賃金」です

 

生計の柱となる男性職員が、仕事を続けるにはツライ環境。

特に「デイサービス」は、低賃金の介護業界の中でも、特に給与が安いからです。

 


施設長から「グループホーム」の利点が説明されました

 

・夜勤手当がある

・残業がある

 

「グループホーム」の方が、手当を受け取る機会が多い。

「デイサービス」よりも、稼げるということでした。

 

「デイサービス」残留

「デイサービス」で1日だけ働いて、直ぐに「グループホーム」へ移動するのは抵抗あり。

 

残留することにしました。

折角の経験ですからね。

 

給与は安いけど、経験として続けようと思ったんです。

「2年間は丁稚奉公」との思いでした。


初任給で現実を見た


実際に一か月働いて、手取りは


なんと「12万円」!!!!

 

「手取り12万円」って、40歳男性の手取りとしては、

 

キツイ!!

 


施設長の気遣いが、理解できました。

 

これを2年間、続けるわけにはゆきません。

施設長のご厚意に甘えました。


「グループホーム」への移動

一か月半、「デイサービス」で勤務。

「グループホーム」へ移動しました。


・夜勤を月6回(3000円/回)

・休日は月6日に減らす

 

以上の条件を聞いてもらいました。

 

残業もあったので、給与は上がりました。

 

手取り14万円前後

 

これでも低賃金だけど、「デイサービス」よりはマシですよね。


今は非常勤職員でも、ここまでの低賃金はない筈です。

あくまでも、2007年の話です。

 

1年目の年収は、203万円でした


経験者のアドバイス

 

夜勤手当のある業態の「年収」は、

・「特別養護老人ホーム」が一番高い

・「グループホーム」が一番低い

 

年収だけで業態を選ぶなら、「特別養護老人ホーム」です

 

夜勤手当のある業態を選ぶ

 

男性が介護職を続けるには、夜勤は不可欠です。

シングルマザーも同様です。

 
夜勤手当の有無は、非常に大きい!!


低賃金の介護業界で生き抜くには 「夜勤手当」を避けては通れません!

 

失敗しない「転職方法」に絞る

 

「正社員」を目指す方は、「紹介派遣制度」を利用すべきです!

転職の「失敗リスク」が低くなります

 

1.あなたの希望条件を聞く

2.派遣会社が、施設を探してくれる

3.派遣会社が、条件交渉をしてくれる

4.お試し期間がある

5.嫌なら退職しやすい

 

メリットが多い制度です。

 

「紹介派遣制度」について、詳細を紹介しています

 

 

初心者にお勧めの施設を、紹介しています

 

初心者に勧めない施設を、紹介しています

www.careismylife.com