派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【裏事情 / グループホームあるある】救急搬送先(病院)が見つけにくい理由 file35

ご両親が「グループホーム」を選択した場合、覚悟すべきことがあります。

 


「救急搬送の受け入れ先(病院)が見つけにくい」ことです!!

 

誰も教えてくれない「裏事情」を紹介します。

 

 


介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

 

「両親の介護施設を探したいけど・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

・健康型有料老人ホーム 1施設
・介護付き有料老人ホーム 3施設
・住宅型有料老人ホーム 2施設
・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
・特別養護老人ホーム 1施設
・老人保健施設 1施設
・グループホーム 2施設(4ユニット)
・デイサービス 1施設
・障がい者(自閉症)グループホーム 1施設(3ホーム)
・居宅介護支援事業所 2事業所

 

以上の10業態(13施設・2事業所)を経験しています。

 

看護師の労働環境 / 医療従事者の「訴訟と賠償責任」リスク

 

 


「老人ホーム」で過度な体調不良が見られた場合、救急搬送(119番)の依頼を行います。

 

病院へ運ばれ、緊急受診を受けます。

 


コロナ感染拡大の自粛期間中、

「急病人の搬送先が決まらず「たらい回し」が急増」

こんな報道を、目にしませんでしたか?

 


今までにもあったことで、

「たらい回し」は「珍しい事例」ではありません。

  

 

救急搬送の手順

救急搬送する流れは、どの「老人ホーム」でも同じです。

 

但し、「グループホーム」には看護師がいません。

介護スタッフが判断・行動します。

 

・119番に電話

・救急車到着

・救急隊員が病院へ電話
(受け入れ可能か確認)

・病院へ搬送

 

この過程を辿ります。

 

「グループホーム」では、救急車が到着してからが問題です

 
「グループホーム」あるある / 救急車が発進できない

 

病院からすると認知症患者は、「受け入れがたい存在」です。

 

救急搬送の依頼に、「グループホーム」というだけで、受け入れを断わる。

救急車「グループホーム」の前で、立ち往生することがあります。

 

 

「認知症の方は、お断り致します」

とは言いません。

 

「先程、他の方が救急搬送されてきたので、受け入れ態勢がありません」

と断られます。

 

 

私は「救急隊員」から、119番へ電話する前に、搬送先(病院)を確保しておくよう、助言されたことがあります。

 

 

これは「グループホーム」の提携クリニックが、搬送先を見つけてくれる力量にも左右されます。

 
病院と認知症 / 医療事故への懸念

 

認知症の徘徊は、病院にとって重大な問題です。

 


徘徊中の転倒で、怪我をするのも理由ですが、

「医療事故」のリスクがあるからです。

 


病院で起こる「認知症の行動」には、以下があります

 

・他の部屋に入ってしまう

・他人の私物を持ち去る

・他人の私物を壊す

・患者に暴力を振るう

・大声で叫ぶ

・大声で歌を唄う

 

 

患者からのクレームが急上昇して、看護師はクレーム対応に追われます

 

看護師は医療行為への集中力が削がれます。

「医療ミス」の起こる可能性が、急上昇します。

 


最近では、医療行為に関わらない、介護専門スタッフを雇う病院も多いです。

 

ただ、介護スタッフを雇っても、対処しきれません。

実際には、その介護専門スタッフも集まりません。

 


看護師の仕事は、基本業務だけでも、医療事故に繋がる仕事ばかりです。

  

・服薬

・投薬

・点滴

・採血

 

他にも酸素・人口呼吸器など、重要な仕事ばかりです。

 

 

看護師賠償保険

 

多くの病院看護師は、任意の賠償保険に加入しています。

 

「看護師賠償保険」は、一般的に知られていません。

 

メディアに取り上げられるのは、 

・過酷な職場環境

・仕事のツラサ

・給与の低さ

・休日が少ない

・残業が多い

こんなことばかりです。

 

 

看護師は「リスクの大きい職業」です


・訴訟と賠償責任のリスク

自分の健康を失うリスク

 

 

 

コロナ感染拡大の今、医療従事者の労働環境を、よく考えてみて下さい。

www.careismylife.com

 

「認知症」 / 入院の条件

 

「グループホーム」の方でも、入院はできます

 

見つかりにくいだけです。

 


徘徊がなければ、認知症でも入院はスムーズ

 


徘徊がある人は、「身体拘束の同意」を、求められることがあります。


「医療事故」を防ぐためです。

 

・車いすでのY字帯使用
(表向きは「車いすからのずり落ち防止」、実際は徘徊防止)

・360度のベット柵使用
(表向きは「転落防止」、実際は徘徊までの時間稼ぎ)

・床センサー設置

・強い睡眠導入剤使用

(夜間徘徊防止)

 

 

以上の同意が、条件になるケースがあります。

 


日中の「家族の付き添い」が、条件になる場合も多いです

 

せめて日中だけでも、


・拘束を避けたい

・医療業務に集中したい

 

「できれば拘束はしたくない」のが、本音なんでしょう

 


ブラックリスト入り

 

どの「グループホーム」でも、受け入れてもらえない病院があります。

 


「うちは〇〇病院、出禁なの」

ブラックリスト入りです。

 

ブラックリストに入るパターン

過去に適切な対応をしなかった場合、ブラックリストに入ります。

 

 ・徘徊の有無を、告知しなかった


・退院の受け入れを、先延ばしにした

 

 

ブラックリストに載る理由は、

事前に必要な情報提供をしなかったり、

病院の要望をスルーした実績があるからです。

 

 

私の経験では、
娘さんがお母さんの体調を過度に心配して、退院を渋ったことがありました。

 

「やめてーー!!」

「ブラックに載るーー!!」

 

アドバイス

 

・基礎疾患がある

・病状の再発の可能性が高い

 

以上の人は、「グループホーム」を避けましょう

 

日中だけでも、看護師がいる「有料老人ホーム」の方が安心です。

 

 

注意:

「有料老人ホーム」でも、ブラックリスト入りしている可能性はあります。

 

普段から関係の深い主治医がいれば、搬送先を根回する可能性あり。

 

各自で主治医との関係を、しっかり構築しておくことも重要です。

 

www.careismylife.com