派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【そんなことが起こるの? / 認知症対策】携帯電話トラブル / 介護現場で体験した実例を紹介します file40

「認知症の両親」から頻繁にかかってくる電話。

 

「1時間に10回もよ!!」

なんて事はよくあることです。

 

プライベートの時間にも関わらず、息つく暇もなく、かなりのストレスになりますよね。

 
電話を切った瞬間に、電話をかけた事実を失念してしまい、再度電話をしてしまう。

認知症スパイラル!!

 

そんな事を繰り返し続けるわけで、特に自宅にいる機会が多い専業主婦の方は、この悩みを抱えておられる方は多いのものです。

 


今では「携帯電話」施設に持ち込む入居者さんは、多いもので珍しくもありません。
認知症のご両親が施設に入居されても、携帯電話を持ち込むと、同じことが継続されます。

 

介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「両親の介護施設を探したいけど・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴っています。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 


認知症 / 携帯電話による家族のストレス・悩み

 

 

 

2010年代に入ってから、携帯電話持参して入所される方が増えています。

 

家族とのコミュニケーション機器としては良いものですが、反面トラブルも多い現状があります。

 

 

注意すべきは、

軽度の認知症の方です。

 

 

施設内での携帯電話トラブル / 実例を紹介します


私が経験した携帯電話のトラブル事例では、以下のものがありました。
体験を綴っておきます。

 

テレビショッピングで大量注文

携帯電話での注文は、スタッフや家族の眼が届きませんので容易です。

入居者のほとんどは、入所の際にテレビを持ち込みされるので、注文するチャンスはかなり多いです。


認知症の方は、同じ物を何度も注文する傾向があります。

 

しかも大きな物を注文されると、居室内に置き場がなく、事務所から居室へ配達するのも大変です。

 

キャンセルの手続きも、その都度する必要があり、ご家族にとって労力とストレスが増すことになります。

 


救急搬送(119番)の依頼をする

 

夜中に

「お腹の調子がおかしいから」と、

腹痛を訴え、直接119番された方がいらっしゃいました。

 


真夜中救急隊員から電話がかかり、施設の門扉を解錠するように依頼され、玄関へ向かうと救急車が止まっていました。

 

結果的には救急搬送の必要もなく、翌朝の朝食も完食されました。

 

 

施設での夜間帯の救急搬送には、

・門扉解錠

・搬送準備

・看護師との連絡

・本来の夜勤業務など

割り振りをしながら、夜勤スタッフ全員で連携を取らなければなりません。

介助を必要とする他の入居者さんを、巻き込むことにも繋がります。

 

こういう事が起こると、施設からすると今後大変困る事態にもなります。


警察(110番)に盗難被害の通報

 

軽度の認知症の方には、「物盗られ妄想」があります。

 

お金の管理が難しくなり、見当たらないと携帯電話を使って、警察に電話される方がいらっしゃいました。

 


警察は通報された限り、認知症だからという理由で

立ち去ることはありません!!

 

出勤スタッフは、全員事情聴取を受けることになります。

 

 

早朝、お金を盗られたと警察へ通報

当日の夜勤スタッフ全員が、居残りで事情聴取を受けました。

聴取を受けたスタッフは、数か月で全員が退職しました

こんな屈辱はありません!!

 

携帯電話の紛失

認知症の方は、物の管理が難しいのも特徴です。

年を重ねるにつれ、物の置き場所が分からなくなるのは、認知症に限らず、万人共通かも知れません。

 

携帯電話がなくなったと、大騒ぎになったことがあります。

通常、老人ホームでの紛失は入れ歯など、ズボンポケットに入る小さいサイズの物が多いです。

散々さがして、発見したのは食堂のゴミ箱でした。

 

携帯電話サイズの物を、ゴミ箱に捨てる発想がなかったですが、認知症の方の行動には予測不能で、通常の発想を捨てなければなりません。

 

自宅内での探し物に大活躍!

携帯電話・財布・家の鍵・自転車の鍵を探す時に役立つ、「Bluetoothトラッカー」を使うのは、今や世間では常識です。
薄くて軽く、紛失防止に役立ちます。

 

 


ご家族へ毎日数十回に渡る電話をする

電話したことを忘れて、直ぐに電話してしまうパターンです。

施設入所してからも、在宅生活時代と同じく、継続することになります。

 

ご家族にはかなりのストレスでしょう


電話料金も高くつきます。


携帯電話の管理依頼するご家族がいらっしゃいますが、

それは介護士の職務の範疇ではありません。

 

www.careismylife.com

 

私物管理はご家族の役割です。

トラブルを回避するためにも、対策・事後処理は適切に行っておくべきです。

 

 

必読! / 施設探しから契約までの流れ

  

入居に関する流れを順に整理しています。

        ↓↓↓↓

入居に関する心構え

【必須の基礎知識 / 不満・ストレスの根源】入所前に絶対に知っておくべき「たった一つの事」 file25 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

見学先を絞り込むポイント

【現場経験者の目線で細かく解説】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設の見学先を絞り込むポイントを紹介します file27 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

施設見学する際に見ておくべきポイント①

【現場経験者の目線で細かく解説 / 介護姿勢編】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設見学する際のポイント(着眼点)を紹介します file28 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

施設見学する際に見ておくべきポイント②

【現場経験者が現場目線で細かく解説 / 建物構造・配置編】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設見学のポイント(着眼点)を紹介します file29 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

体験入居すべき理由

【現場経験者の提言】 「有料老人ホーム」 / 体験入居をしておくべき「たった一つの理由」を説明します file30 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

契約までに確認・準備しておくべきこと

【最後まで気を緩めない / 現場経験者が紹介】入居契約前までに確認しておくべきこと・準備すべきこと file31 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

入居してから起こりうること

【えっ!そうなの? / 現場経験者がお教えします】入居中に起こりうること / 覚悟すべきこと file33 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策