派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【なるほど!見事解決!/ 親から頻繁にかかってくる電話 】認知症対策 / ご家族が実践・解決した成功例を紹介します file41

認知症の両親から、頻繁にかかってくる電話に悩んでいる方は多いものです。

 

今では「携帯電話」を施設に持ち込む入居者さんが多く、珍しくもありません。

軽度の認知症の方が携帯電話を使って、施設内でトラブルを起こす要因にもなっていることは、以前にご紹介した通りです。


介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「両親の介護施設を探したいけど・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 


携帯電話トラブル解決方法 / 機械に弱い方こそ知っておきたい / 過去の成功例から学ぶ

 

 

 

2010年代に入ってから、携帯電話を持参して入所される方が増えています。

家族とのコミュニケーション機器としては良いものですが、反面トラブルも多い現状があります。

 

・テレビショッピングで大量注文

・真夜中に119番に救急搬送を依頼

・物盗られ妄想で警察へ虚偽通報

 

こんな事が起こって、施設や各方面に謝罪に回るのは「ご家族の皆さん」です。

携帯電話を持ち込む限りは、起こりうる事態で、覚悟が必要です。

 

現場介護士が、個人の私物管理をするわけにはゆきません。

トラブルを回避するためには、ご家族の行動が不可欠です

 

周りに迷惑をかけたくないという思いがおありでしたら、読み進めてみてください。実践する価値がある方法をご紹介します。

 

実際に目撃した成功例


過去に見たご家族の対応を紹介します!!

 

私はスマートフォンを使いこなせず、現代機械にも詳しくないのですが、若い方々の知恵には感服しました。おそらく、お孫さんのアイデアでしょう

  

結論から述べると、

「スマートフォン」「モバイルwifi」を用意して、

LINE電話に限定することです

 

成功例の手順


手順としては、以下の流れとなります。

・スマートフォンを準備
・モバイルwifiを用意
・LINEアプリをダウンロード
・機内モードに設定
・LINE電話につなぐ

 

それでは順に説明してゆきます。

 

施設」でも

在宅介護」でも、

試してみる価値があると思います!!


スマートフォンを準備

軽度の認知症の方の場合、
操作が簡単なガラケーより、操作が複雑なスマホを手渡した方が良いでしょう。

スマートフォンを買い換えた時に、古い機体は置いておくと便利だそうです。


モバイルwifiを用意

先ず、「モバイルwifi」を用意して、ネット通信ができる環境を整えます。

 

成功が確認できるまでは、

いつでも解約が可能なレンタルwifiがお薦めです。

 

入院患者の方が、病院でよく使う「レンタルwifi」を利用して、先ず「モバイルwifi」を試してみる事をお薦めします。モバイルwifiは、施設の建物や周りの環境に左右されることが大きいそうです。

 

先ずは「レンタルwifi」で試してみましょう

成功を確認してから購入すれば、無駄な出費を抑えられます。

  

(WiFiレンタルどっとこむ)

ネットの口こみで、高い評価を得ています。レンタルwifiを利用して、成功するか一度試してみましょう

  

LINEアプリをダウンロード

スマートフォンLINEアプリをダウンロードすれば、LINE通話が可能になります。
LINE通話はインターネット環境さえあれば、通話料は無料です。


機内モードに設定

機内モードにしておけば、

通常の電話機能は発信・着信ともに使用できません。


しかし、wifi環境さえあれば

「LINEアプリ」の使用は可能です。

 

 

つまり、

電話機能を無効にしておき、

アプリ機能だけ残存させるわけです。

 

 

これで警察119番に通報することが防げます。

 

中古のスマートフォンを使用する場合、SIMカードが抜いた状態なら、「機内モード」にしなくても、既に電話機能は使えないそうです。


LINE電話につなぐ

ご両親に発信操作を教えなければ、着信専用として使えます。


高齢者にとって、スマートフォンは操作難しい機器です。発信操作を教えても、おそらく使いこなせないと思いますが。

 

着信はタップするだけですから、紙に書いて壁に貼っておけば理解できるでしょう。事前に練習も重ねておきましょう。写真を撮っておいて、掲示しても良いと思います。

 


ここからが重要!/ 不随する対応

ご家族から電話をかける時間割を決めておき、

居室内に掲示することで「見通し」を立てやすくします。

 

この時間に子供から電話がかかってくると見通しが立てば、

自分から電話しなくなる方向に導けます。

 

最初は1・2時間毎に、短い間隔でLINE通話するようにして、次第に間隔を開けてゆくのが良いと思います。

 

混乱した状態が続くと、ストレスになり認知症は確実に進みます。
事前のスケジュール調整と予定の掲示は大事です!!


電話をしたがる時間帯を、介護スタッフからも確認しておきましょう。

 

注意:食事や入浴時間は絶対に避けて下さい。

食事拒否や入浴拒否に繋がり、現場介護士や他の入居者さんを巻き込むことになります。

 

まとめ

スマホを用意

wifi環境を整える(レンタルwifi)

LINEアプリをダウンロード

機内モードに設定

LINE通話の受信方法を教える(タップ)

時間割を作成・掲示

 

LINE通話は、通常の携帯電話通話よりも、音が聞き取りづらいかも知れません。

成功しなかった場合も勘案して、レンタルwifiから始めた方が良いでしょう。

 


提言

これが過去に成功した事例です。


携帯電話トラブルで困るのは、ご家族だけではありません。


介護職員は個人の携帯電話に関与できませんし、個別に利用状況を管理する時間もありません!!

 

最善の方法は持ち込まないことですが、

入居者優先ですから現場スタッフも頑張って対応しているはずです!

 

試してみる価値ありだと思います!
ご家族さんのご協力、宜しくお願い致します!

www.careismylife.com