派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【親の施設選び】有料老人ホームのルームサービス / 「特養」にない特徴 file.48

 「特別養護老人ホーム」と、「有料老人ホーム」の違いを知っておくべきです。

 

・有料老人ホームは、どうして高いの?

・そんなに価値があるの?

 

お金を払う限りは、見返りを期待したいですよね?

 

私なら価値ないものに、お金を払いたくありません!!

 

同じ内容なら、安い方を選びたいです。

 

 

「有料老人ホーム」には、「パンフレット」や「口コミ情報」で知られていないサービスが、たくさんあります。

 

ここでは「特別養護老人ホーム」や「老人保健施設」ではあり得ない、「有料老人ホーム」の「ルームサービス」を紹介します。

 

「有料老人ホーム」には、高い利用料を払う価値があると、理解できるはずです。

 

値段が安い「特別養護老人ホーム」や「老人保健施設」との違いを知る、良い機会です。

 

 

・値段が高いけど、何が違うの?

・どんなサービスが受けれれるの?

・特徴的なサビースを知っておきたい

 

こんな想いに、ズバリ答えます!

 

 

 「有料老人ホーム」への入居を考えている方は、読み進めてみてください


「有料老人ホーム」へ転職を考えている方も、「こんな業務があるんだ!」と参考になるはずです。

 

 

介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「両親の介護施設を探したいけど」「介護業界で働いてみたいが」、そんな不安の解消に役立てられるよう、13年以上の介護現場での体験を綴っています。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

  

・健康型有料老人ホーム 1施設
・介護付き有料老人ホーム 3施設
・住宅型有料老人ホーム 2施設
・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
・グループホーム 2施設(4ユニット)
・特別養護老人ホーム 1施設
・老人保健施設 1施設
・デイサービス 1施設
・障がい者(自閉症)グループホーム 1施設(3ホーム)
・居宅介護支援事業所 2事業所

以上、10業態13施設を経験しました。

 

 

有料老人ホームの価値あるサービス / 「ルームサービス(居配)」

 

「有料老人ホーム」の特徴的なサービスに、「ルームサービス」があります。

 

介護業界では、通称・「居配」と呼ばれています。

 

代表的な「ルームサービス」は、「おやつの居配」です。

 

ホテルのように「ルームサービス」として、お菓子と飲み物を部屋まで、届けてもらえるサービスです。

 

 

 

「特別養護老人ホーム」「老人保健施設」「グループホーム」では、特別な状況でない限り、「おやつのルームサービス」はありません。

  

・体調不良時

・ご家族や友人の来客中

 

以上の場合だけです

 

 


「有料老人ホーム」では状況に関係なく、希望すれば「おやつの居配」が実現します。

 

・食事介助が必要な方
・見守りが必要な方

は「おやつの居配」がありません。

リビングや食堂で、介護スタッフの見守りの元、おやつをされています。

 

「おやつのルームサービス」には2タイプある


介護転職者の方への参考として紹介しておきます。

 

両親の入居を検討中の方も、「有料老人ホーム」の価値を知ることになります!


タイプ1 / 各階で手分けしての「居配」

 

・飲み物の聞き取りに回る

・全員の希望ドリンクを用意

・厨房から各階におやつが届く

・おやつとドリンクのルームサービス開始

・担当階の入居者にお届け

・空き皿と飲み物の回収

 
以上の手順になります。

 


事前に介護スタッフが、入居者全員に「飲み物」の聞き取りに回ります。

 

ちょっと、ホテルの「ルームサービス」に近いですよね

 

 

ドリンクは以下のメニューが多いです

 

・コーヒー(アイス・ホット)
・紅茶(アイス・ホット)
・お茶(アイス・ホット)
・水

以上の7種類

施設によっては、ジュースも追加される

 

「特別養護老人ホーム」「老人保健施設」にも、コーヒー・紅茶の提供がありますが、全てインスタントです。(粉とお湯を入れるだけ)

 

 

タイプ2 / 建物巡回方式の「居配」

 

・厨房で「おやつと飲み物」をワゴンに乗せて、ルームサービス開始

・全入居者の居室へ、エレベーターに乗ってお届け巡回

・おやつを届けながら、希望のドリンクを準備

・空き皿と飲み物の回収

 

 以上の手順になります。

 

 

飛行機の機内サービスに近いかもしれません。

 

 

建物全体を巡回する方式は、かなり時間がかかります。

 

100名の「有料老人ホーム」では、1時間程度かかりました。


入居者にとっては、おやつの「ルームサービス」が、いつ来るのか分からない「デメリット」はあります。

 

ルームサービスのない有料老人ホーム

 

小規模な「有料老人ホーム」(20名程度)では、「ルームサービス」をしない施設もあります。

 

・「生活リハビリ」として、食堂誘導を目指す

・「グループホーム」のように、共同生活を目指す

 

  以上の有料老人ホームは、「ルームサービス」がありません。

 


食事のルームサービスはあるの?


多くの「有料老人ホーム」では、1日3回の食事にも「ルームサービス」をしています。

 

・体調不良の場合は「無料」

・お元気な方は「有料」

 
体調不良以外の場合は、食事のルームサービスは、別料金が必要になります。

 

「有料サービス」ですね

 

食事以外の「ルームサービス」はあるの?

有料老人ホームの「ルームサービス」には、他にもいろいろあります。

 

思いつく「ルームサービス」を挙げると

 

・面会者へのお茶の準備・提供(コーヒーなど)
・ご家族からの電話・伝言
・新聞・郵便の配達
・洗濯物のお届け
・宅配便のお届け(通販商品など)
・クリーニングのお届け

 

 「特別養護老人ホーム」でも、洗濯物のお届けはあります。

 

入居者総数が60名を超える「大きな建物」では、「面会者へのお茶の準備」は期待できません。

 

介護スタッフ個人の担当範囲が広すぎて、フォロー仕切れないからです。

 

 

  

 まとめ / 有料老人ホームのルームサービス

  

・食事のルームサービスは、有料サービスになる

・おやつ・飲み物のルームサービスが、無料で受けられる

・小規模の有料老人ホームでは、ルームサービスがないこともある

 

 ルームサービスは有料老人ホームの特権で、お得なサービスです

 

「有料老人ホーム」には、費用が高いだけの価値が、他にもたくさんあります。

 

今回は「ルームサービス」について、取り上げてみました。

「入浴サービス」については、一番下の記事を読んでみてください

 

「有料老人ホーム」の関連記事を綴っています。

興味がある方は、参考にしてください

  

 

有料老人ホームの入浴について