派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【現場体験談 / 大きな老人ホームの落とし穴】入居をおすすめしない理由 file39

費用が高い「有料老人ホーム」を選ぶ方は、慎重に考えたいところですよね。

 

どんな「老人ホーム」を選ぶべきか?

 

皆さん、迷うことはありませんか?

 

現場での介護経験者の意見として、

絶対におすすめできないのは、「大きな老人ホーム」です。

 

「大きな老人ホーム」と言っても、会社の経営規模知名度の高さではありません。

 

実際に勤務した経験から、実例を挙げながら根拠を紹介してゆきます。

 

老人ホームを選ぶ際の参考にしてみて下さい。

 

知っておいて損はありません!!

 


介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「両親の介護施設を探したいけど・・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

両親の施設を選ぶなら避けるべき / 大規模施設には欠点が多い事実 


現場経験の観点から、
「大きな建物の施設はおすすめしない」
のが私の意見です。


2つの施設での経験談を紹介してゆきます。


両親の施設を選ぶ際の参考にして下さい。

 

 

 

大規模施設①

「7階建て」「部屋数140」の「介護付き有料老人ホーム」で勤務した経験があります。


中規模の「介護付き有料老人ホーム」は、「4階建て」「部屋数50~60」程度です。

 

この施設ではフロア制(担当範囲を限定)を採用していましたが、「7階建て」で建物が大きく、各階にスタッフを固定配置できません。

 


私は4~6階の3フロア(約50名)を担当しました。


階段移動が必要ですし、フロアの横幅も広く、移動範囲が大きいのが特徴でした。

 

担当範囲が広いと、「ナースコール対応」に支障がでます


ナースコール対応

「有料老人ホーム」は「特別養護老人ホーム」と比べて、ナースコールがかなり多いです。


「通常介助」(おむつ交換など)と「ナースコール対応」で、各階を走り回ることになります。

 

 

・スタッフの眼が届きにくい

・フロア全体が無人になる

以上の事態が常でした。

 


転倒など不測の事態が起こっても、誰も気配を感じらません。

 

発見や緊急対応も遅くなり、現場スタッフにとっても不安です。

 

ご家族も同じ想いでしょう

 

 

・歩行不安定な認知症

・トイレ移動の付き添いが必要

・車いす移動が必要

以上の方には、不適切な環境です。

 


各居室までの移動距離が長すぎます!!

 

ナースコールを押しても、、なかなかスタッフがやって来ない事は頻繁。

 


なんとか、スタッフが駆けつけるも間に合わず、

「排泄失敗」

「自力歩行してしまい転倒」

ということも、よくありました。

 


スタッフへの伝言


ご家族の訪問時、介護スタッフに声かけしようにも、

「何処にいるのか見つからない」というのもよくあります。

 

スタッフを探すのが大変だと、よくお叱りを受けたものです。

(クレームと言うほどではなかったが)

 

入浴介助

入浴介助の人員配置が、かなり悪かったです。

 

・1日の入浴者が35名前後
・入浴担当スタッフ3名 
・個浴(一人づつ入浴)

 

入浴スタッフ3名で、入居者35名を入浴させます。

 

「有料老人ホーム」は個浴です。

「特別養護老人ホーム」のように、他人と入浴することはありません。

 

個浴の場合、入浴スタッフ1人で、通常5~6名が平均的。

この人数が適度です。

 

この施設では、入浴スタッフ1人で、1日に12~13名を担当していました。

しかも機械浴の方も含まれています。


機械浴の場合、準備も含めて45~60分は確保したいところです。


この無理な配置・制度で起こっていた歪みは、

同時入浴介助が多かったことです

 

入浴スタッフが2か所の風呂場を往復しながら、介助を同時進行させてゆくわけです。

 

スタッフ一人で、機械浴を2か所で同時介助しているのを目撃!

ドン引き!!

 

通常の機械浴では、入居者1人に対してスタッフ2名で介助します。

(入居者1:介護者2)

 

それを入居者2名に対して、スタッフ1名でした。

(入居者2:介護者1)

 

恐ろしいことです

 

入浴スタッフを増やせば解決できますが、

・金銭的な事情

・介護士の人員確保

は、どこの施設も苦慮しています。

 

大きな施設ほど、介護スタッフの人数が必要です

  

食事(朝・昼・夕)

7階に大食堂があり、入居者全員がエレベーター移動します。

 

居室総数140に対して、エレベーターは2つ。

 

扉が開いたエレベーター内は、満員が多かったです。

エレベーターに乗れないことが、頻繁に起こります。

 

私が勤務していた頃、まだ入居者は100名超でした。

 

100名が食堂への移動完了するのに、約1時間半。

昼食開始12時ですが、11時前から食堂誘導を初めて、完了するのが12:30前ぐらい。

 

希望する時間に、食事ができない可能性が高かったです。

 

入居者数が100名超でこの状況。

満床の140名になったらと思うと、ゾッとしました。

 

入居者総数が多い「老人ホーム」は、食堂へ行くのも一苦労

 

介護士の定着率

大きな施設は移動距離が大きい分、体力消耗もかなり高いです。

 

仕事が非効率になることが原因で、スタッフの定着率も悪かったです。

 

開設1年弱の「老人ホーム」でしたが、私が入社した時点で、オープニングスタッフは誰もいませんでした。

 

全員が既に退職済みでした

 

私が入社した最初の2か月でも、15名が退職しました。

 

新入社員3名が入社。

2日目には、3名全員が来なくなったこともありました。

 

大きな建物の「老人ホーム」ほど、退職者が多いです

  

大規模施設②


「5階建て」「部屋数70」の住宅型有料老人ホームで、勤務した経験があります。

 

居室数は多くありませんが、横幅が50m以上ある横長の建物で、「エレベーターと階段」が、東端にしか設置されていません。


ナースコール対応

この有料老人ホームも、ナースコールが多かったです。


「住宅型有料老人ホーム」で、フロア制を採用していません。

 

日中、「ナースコール対応」できる介護スタッフが、一人だけでした。

 

ナースコールに対応する居室移動には、
・一度東端まで行き
・階段を駆け上がって縦移動
・移動した階で西へ移動

建物内を「コの字型」に移動を繰り返します。

 


2階の西端から、4階の西端への移動に、100m程の移動距離がありました。


ナースコールに対する、100m程の移動距離は簡単ではありません。

 

「排泄失敗」

「自力歩行してしまい転倒」

 

大規模施設①と同じ状況です。

 

 

入居者にとってはリスク大きい環境でした


ナースコール担当の日は、疲労困憊でフラフラだった苦い思いがあります。

 

注意!

施設見学する際、

「エレベーターの位置が、建物の中間にあるか?」

確認しておくべきです。

  

まとめ

実際に勤務した経験から、

建物の大きな施設は、おすすめしません!!

  

・ナースコールに時間がかかった

・無理な入浴介助をしていた

・疲労度が大きい

・退職率が高い
 

以上のことを、2施設での勤務で痛感しました

 

手厚い介護の期待はできません!!

 

介護スタッフの人数確保で解決できることでも、介護業界の人員確保はかなり厳しい。

 

建物・設備に関しても、エレベーターを増やしたり、建物規模を縮小するなんて不可能ですから、入居中に解決するはずがありません。

 

大きな建物の利点は

まったく感じたことがありません!!

 

 

両親の施設を選ぶ際の参考にしてください。

 

建物の大きさや居室総数は、事前に確認が可能です。

 

「有料老人ホーム」の関連記事も、参考にしてください。