派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【裏技 ? / 現場経験者がおすすめ】手厚い介護が望める施設ってあるの? file37

現場で介護士として、勤務してきた経験を元に、紹介してゆきます。

 

あなたは両親のために、「手厚い介護」を期待していませんか?

 

私なら施設での、親を扱いを気にしたいです。

 

手厚い介護が望める施設あれば、理想的ですよね?

 

誰もが手厚い介護を期待して、老人ホームを探しています。

 

 


どうすれば、出会えるのでしょうか?

 

 

読みすすめて、参考にしてください!


介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

 

「両親の介護施設を探したいけど・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

 

・健康型有料老人ホーム 1施設
・介護付き有料老人ホーム 3施設
・住宅型有料老人ホーム 2施設
・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
・特別養護老人ホーム 1施設
・老人保健施設 1施設
・グループホーム 2施設(4ユニット)
・デイサービス 1施設
・障がい者(自閉症)グループホーム 1施設(3ホーム)
・居宅介護支援事業所 2事業所

 

以上の10業態(13施設・2事業所)を経験しています。

 

 

裏情報!新規開業「老人ホーム」を狙う / 介護度が高い両親のために

 


両親の介護度が高く、「手厚い介護体制」を希望する方は多いです。

 

人材確保に苦労している介護業界では、「手厚い介護」を望むのは、厳しい現実があります。

 

高額な「一部の施設」に、限られてしまいます


予算内に抑えなければ、あなたの家計を圧迫してしまいます。

 

「老人ホーム」での生活は、約2年~5年程度。


介護度が高い方は、老化や病状の悪化で、2~3年程度で退居される方が多いです。

 

 

 

 

「有料老人ホーム」を選択した場合、「手厚い介護」が望める確率が高いのは、新規開業「老人ホームです。

 

絶対ではありませんが、確率は高いです!!

 

その理由を、解説してゆきましょう。

 

新規開業「老人ホーム」

 

不動産では中古物件より、新築物件の方が人気があり、金額も高いです。

 

しかし、「老人ホーム」は建物の古さで、値段が変動することはありません。

 


新しいホームは手探り状態で、不安はありませんか?

 

誰もが、同じ心境でしょう

 

 

新規開業 の「老人ホーム」は、メリットが多いです!

 

新規開業「有料老人ホーム」 / メリット

 

スタッフの目が届きやすい

入居者が少ないからです。

 

介護スタッフの行動範囲が限定的になるので、目や耳が届きやすくなります。

 

各個人へ時間を使える

人数が少ない分、一人一人にかける時間が長くなります。

 

入居者の平均介護度と、「介護の手厚さ」は比例します。


平均介護度が上がると、「介護の手厚さ」も減退してゆきます。

 

開設時の平均介護度は、それほど高くありません。

時間経過とともに、介護度は上がってゆきます。

 

入居当初だけでも、「手厚い環境」が期待できます!

 

 

もし入居期間が3年程度としても、そのうちの半年が「手厚い環境」なら、メリット大きいです。

 


希望の居室が確保しやすい

 

部屋選びは早い者勝ちです。

 

介護度が高い方は、「スタッフルーム」や「ナースステーション」に近いエリアが望ましいです。

 

既に満床に近い状況だと、希望に添えません!!

 


人間関係など不都合があった場合も、別の部屋が空いており、変更しやすいはずです。

 

経験豊富なスタッフがいる

 

既存のホームだと、未経験者が多数の可能性があります。

 

しかし新規ホームは、未経験者ばかりで、開業するわけにはゆきません。

 

賃金を上乗せしてでも、経験豊富なスタッフを、必ず確保してきます

 

 

介護業界には、新規開業施設を渡り歩く、ベテランスタッフが存在します。

 

仕事が少ない

・覚えることが少ない

身体的な負担が少ない

 

 

働く環境として、メリットが大きいからです。

 

経験豊富なベテラン系が多いです。

私の知人も、その一人です。

 

 

大手「老人ホーム」は、別の系列施設からベテランスタッフ数名を、必ず人事異動で送り込んできます。

 


スタッフとの関係を築きやすい

 

入居者数が少ないと、介護スタッフと関わる機会が多く持てます。

 

これはかなりの利点!!

 

両親についての細かい情報を、介護スタッフに知ってもらうことができます

 


開設2年程度すると、開業時のスタッフは、ほとんどが退職しています。

 

しかし、古くから入居している人の情報ほど、引き継がれやすいです

 

新規開業「有料老人ホーム」 / デメリット

施設の良し悪しがつかみにくい

 

稼働実績がないので、評価のしようがないです。

 

他入居者との相性が分からない

 

この後、どんな人たちが、入居してくるのか予測不能。

 

事前情報が少ない

稼働実績がないので、建物情報しか分かりません。

 

状況が急変する可能性がある

1年程度で介護スタッフの半数が、退職するかも知れません。


この後、入社してくるスタッフの顔ぶれで、介護体制が大きく変わる可能性があります。

 

 

デメリットを挙げてみましたが、既存の施設も同様です

 

現場経験者のアドバイス

介護度が低い方

既存の施設であれば、「見学」「体験入居」で、事前情報を把握しやすいです。

 

判断基準をもって、「老人ホーム選び」ができます!


介護度が高い方

新規開業「老人ホーム」を、検討する価値は高い!


契約前にスタッフの確保状況を、確認しておきましょう。

 

ホーム側も人材採用に、より力を入れてくれます。

 

 

私の経験で「有料老人ホーム」は、

満床になるまでに、中規模ホーム(50~60名)で、約1年程度かかります。

  

「特別養護老人ホーム」「グループホーム」は、早い段階で満床になります。

新規施設を狙うメリットは少ないです。

  

「老人ホーム選び」の始め方

 

「老人ホーム選び」の手順を、簡単整理しています

 

 

 「老人ホームの選び方」の関連記事を参考にしてください

 

「有料老人ホームの選び方」関連記事一覧 
「老人ホーム選び」の始め方・手順

見学候補を絞り込むポイント

見学先でチェックするポイント(介護編)

見学先でチェックするポイント(建物・設備編)

契約前に確認しておくべきこと

入居してから起きること