MENU

【重要!失敗しない老人ホーム選び】 体験入居で分かること7選 file30

あなたが希望していること

  • 老人ホーム選びで失敗したくない!
  • 楽しい老後を送って欲しい
  • 老人ホームに満足してくれるかな?
  • 周りと上手く付き合えるといいのにな
  • 介護スタッフが親切だといいな
  • 時間を使って「老人ホーム」を選んだ
  • 施設見学で慎重にチェックした
  • 契約前の確認もしっかりした

でもあなたが「良い老人ホーム」に出会える確率は高くありません。

あなたの親は、大金を払って「老人ホーム」入居します

失敗してはいけません!

良い老人ホームと出会うには、最後の一押しが必要です。

あなたが「施設見学」で見てきたのは、あくまでも仮の姿です

本当の姿ではありません

実はあなたが施設見学する前に、私たち介護スタッフは「あなたが来ること」を知らされていました。

不都合なところは隠して、見えないように努力していたんです

あなたが本当の姿を見てしまうと、契約してくれませんからね

施設の本当の姿を確認しておきたいなら、必ず「体験入居」をしてください!

体験入居をすれば、施設の本当の姿が見えてきます

体験入居には数万円の費用がかかります。

数万円のお金は、必要経費だと割り切ってください。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しても、施設を移ると数万円では収まりません。

「両親の老人ホームを探したいけど・・・

そんな不安を解消ができるように、15年の介護現場での体験を詰め込みました。

2007年に介護業界へ身を投じ、早くも15年が経過。(派遣歴13年)
派遣社員の特性もあり、働いた施設数は「13」になります。

13施設で働いた経験談を読めるのは、この記事しかありません。

  • 健康型有料老人ホーム 1施設
  • 介護付き有料老人ホーム 3施設
  • 住宅型有料老人ホーム 2施設
  • 24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
  • 特別養護老人ホーム 1施設
  • 老人保健施設 1施設
  • グループホーム 2施設(4ユニット)
  • デイサービス 1施設
  • 障がい者(自閉症)グループホーム 1施設(3ホーム)
  • 居宅介護支援事業所 2事業所

以上、10業態(13施設)を経験しています

派遣の介護士として、いろんな施設で現場経験してきました

・ 私のプロフィール

この記事でわかること
  • 体験入居でしか分からないこと
  • 体験入居の重要性
  • 体験入居するメリット
  • 私の経験談

▼ 「施設見学のチェックポイント」は多すぎるので、2回に分けて紹介しています

・ 施設見学のチェックポイント / 介護の質を見抜く

・ 施設見学のチェックポイント / 設備を気にしておく

目次

体験入居でしか分からない大切なこと / 後悔しないための「相性」確認

今、あなたは「老人ホーム」と契約しようと考えていますよね?

もう一度、よく考えてください

「老人ホーム」を選び間違うと、あなたと離れた場所で、親はツライ生活をすることになります。

あなたが望んでいないことですよね?

失敗をしたくないと思うなら、「体験入居」をしてください

体験入居しないと「分からないこと」が、たくさんあります

それでは体験入居でしか「分からないこと」を紹介してゆきます。

私の現場経験を元にしている、リアルな事実が満載

気になる人だけ、読み続けてください

施設見学や噂・口コミでは本当の姿が分からない

  • あなたが施設見学で見たのは「仮の姿」
  • あなたが聞いた「噂・口コミ」は過去の情報

あなたは「本当の姿」と「今の情報」を知るべきです

そのためには体験入居をするしかありません。

先ず、体験入居で見抜けるのは「相性」です

体験入居でしか分からない「相性」を見抜く

老人ホーム契約で、一番重要なことは「相性」なんです

相性が良くなければ、あなたの親にとって「良い施設」とは言えませんよね

  • 評判が良い
  • 評価が高い

あくまで他人の判断です

あなたの基準とは違うはずです

収入・容姿・性格、全てが揃って結婚しても、「相性」が良くなければ関係性は続きません

「相性」はとても大切です

あなたは知っていますよね

「相性」を決めるのは、あなたの親です
あなたではありません

入居金や月額費用は、親の「年金や財産」が資金元のはずです。

決定権はあなたの親にあります

体験入居で分かる「相性」は2つあります

一つは「人間関係」です

入居者との人間関係は入居しないと分からない

「老人ホーム」では、退去する人がたくさんいます。

退去する理由は、人それぞれ

  • 人間関係
  • 健康悪化
  • 支払いに困窮
  • ご家族の引っ越し

中でも「人間関係」は、実際に暮らしてみないと分かりません。

あなたが「マイホーム」を買う時、周りにどんな人が住んでいるのか気になるはず。

  • 騒音おばさん
  • 鳩の餌やり
  • ゴミ屋敷

絶対に「マイホーム」を買いませんよね?

だから体験入居でチェックしてください

入居してから人間関係で、嫌な思いをするのは「あなたの親」です

よくあること

  • 誰も口を聞いてくれない
  • 嫌なことを言われた
  • 何か雰囲気が今イチ

他の入居者との関係性だけではありません

「介護スタッフ」との相性も分かります

介護スタッフとの相性も入居しないと分からない

気になる介護スタッフの特徴

  • 態度が大きい
  • 口調が乱暴
  • 対応が悪い
  • 仕事ぶりが悪い
  • 無視される

人によって判断はバラバラです

でも一度気になると、あなたの親は苦痛で仕方ありません

はっきり言って、介護スタッフの良し悪しは必ずあります。

あなたの親の「許容範囲」に収まるかが重要

体験入居しておくと、介護スタッフとの相性も確認できます

体験入居で分かる相性は、「人間関係」だけではありません。

あなたの親の「生活習慣」が、施設のスケジュールに合うのか確認できます

親の生活習慣と施設のスケジュールの相性は合っているのか

体験入居をしておけば、人間関係以外にも「生活習慣の相性」も確認できます

施設で固定されているスケジュール

  • 入浴時間
  • 食事の時間

自宅生活のように、マイペースで好きな時間にすることができません

覚悟してください

入浴開始時間と入浴の長さは決められている

  • 〇曜日〇時から入浴
  • 〇時までの〇分間

「老人ホーム」の入浴では、曜日・時間が決まっています

「希望の時間に、好きなだけお風呂に入りたい」

そんな願いは叶いません

住宅型有料老人ホームの場合、入浴は「訪問介護サービス」となり、時間が完全固定されている

5分単位の延長も認められない

例:

月曜日(14:00-14:30)

木曜日(11:00-11:30)

「こんな時間に入りたくない!」と思っても、ムリなんです

皆さん、同じ想いです

食事時間も固定されている / 朝・昼・夕

ほとんどの施設では「食事時間」も固定化されています

例:

朝食8時

昼食12時

夕食18時

自宅生活のように、好きな時間に食事はできません

食事時間は、あなたの親の生活リズムに合うでしょうか?

見たいテレビ番組と食事時間が重なる」は、よくあることです

体験入居で分かります

私の経験談:

「有料老人ホーム」によっては、食事時間をフレキシブルにしている施設が増えています

  • 朝食は7:30-9:00の間なら、好きな時間にどうぞ
  • 夕食は17:30-19:30の間なら、好きな時間にどうぞ

こんな感じです

食事介助が必要な人だけ時間固定して、自立の人はマイペースに食事してもらう

2010年代に開設した施設なら、フレキシブルな対応が期待できるかも

ただ介護スタッフの人員次第なんで、どこも実現するのは厳しいです

体験入居でわかることは「相性」だけではない

体験入居で「相性」以外にも分かること

  • ナースコール対応にかかる時間
  • 認知症の問題行動(無断入室・暴力)
  • 深夜帯の騒音・話し声
  • 夜勤者の足音
  • 扉の開け閉めの音

思いつくだけでもこんなにあります

ナースコールにかかる時間が分かる

ナースコールを押してから、どの程度で介護スタッフが到着するのか確認できます。

廊下の長い施設だと、かなり時間がかかりますよ

トイレ介助が必要な人は、「いつまで経っても来ない!」と困りますよね

大きな建物の施設では「あるある」

認知症の問題行動や頻度がわかる

よくある認知症トラブル

  • 勝手に部屋に入ってきた
  • 歩き回って気になる
  • 叫び声がうるさい
  • 暴力を振るわれた

覚悟してください

  • 自分の周りでも起こりそうか
  • どの程度あるのか

体験入居しないと分かりません

認知症の行動パターンは、かなりのストレスになると覚悟してください

深夜帯の騒音・話し声がどの程度聞こえるのか

深夜帯に気になる音

  • 車の騒音
  • 救急車のサイレン
  • 入居者の話し声
  • 認知症の叫び声
  • 夜勤者の足音
  • 扉の開け閉めの音(夜勤巡回)

一度気にしてしまうと我慢できなくなります

私の経験談:

老人ホームには「防音装備」がしていますが、限界もあります。

病院の近い施設で、救急車のサイレンがうるさいとクレームが多かったです。

私たち介護スタッフには、どうしようもありません。

どこの施設に行っても、騒音クレームは多いです

まとめ / 体験入居をしないと分からない重要なこと

  1. 体験入居をすると「本当の姿」が分かる
  2. 他の入居者との人間関係が分かる
  3. 介護スタッフの人柄・対応が分かる
  4. 親の生活習慣と施設のスケジュールが合うのか分かる
  5. ナースコールにかかる時間が分かる
  6. 認知症の行動パターンが分かる
  7. 深夜の騒音がどの程度か分かる

体験入居しないと「わからないこと」を、現場経験を元にして紹介しました。

思い出し次第、アップデートしてゆきます

あなたは体験入居の重要性を理解できましたか?

紹介したポイントは、全て「施設見学」ではわからないことばかりです。

介護士の立場で「体験入居」は超おすすめです

 老人ホーム選びから入居までの手順を、10ステップに分けて紹介しています

お勧めの記事です

・ 老人ホーム選びから入居までの手順

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現場介護歴15年以上
2009年「介護福祉士」国家資格取得
親の老人ホーム選びの相談が増えアドバイスを発信中

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる