派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【価格設定 / 「介護付き」と違う?】「住宅型有料老人ホーム」支払い額の決まり方 file.45

「有料老人ホーム」を選択した場合、一番気になる判断基準は、費用ではないでしょうか。

 

支払いに無理が生じると、退去の必要に迫られます。

 

「住宅型有料老人ホーム」と「介護付き有料老人ホーム」には、価格設定に違いがあることは知っておきましょう。

 

 

介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

 

「両親の介護施設を探したいけど・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

 

有料老人ホームには大きく分けて、

「健康型有料老人ホーム」「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」

と、3つのタイプがあります。

 

 

「有料老人ホームのタイプ別の違い」は、以前に解説済みです

 


私が経験した「有料老人ホーム」は、以下の7つです 

・健康型有料老人ホーム 1施設
・介護付き有料老人ホーム 3施設
・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
・住宅型有料老人ホーム 2施設

 

 

「住宅型有料老人ホーム」の価格設定 / 「介護付有料老人ホーム」との違いを比較してみる

 

「住宅型有料老人ホーム」と「介護付有料老人ホーム」の代表的な違いには、

「介護士の勤務体制」「価格設定」の2点があります。

 

  

「住宅型有料老人ホーム」と「介護付有料老人ホーム」の違いについては、

「住宅型有料老人ホームを解説 file.44」でも紹介しています


  

このページでは「住宅型有料老人ホーム」の「支払額の決まり方」について、解説してゆきます。

 

 

 

 

先に結論から述べると、「住宅型有料老人ホーム」と「介護付有料老人ホーム」の価格設定の違いは、

 


・「介護付有料老人ホーム」は、介護度による「定額制」

・「住宅型有料老人ホーム」は、介護サービスと回数による「変動制」(オプション価格)

 

   

費用の決まり方 / 「住宅型有料老人ホーム」

介護保険料の自己負担は、利用した分に応じて支払うため、介護度が高くなるにつれて費用も高くなる傾向があります。

 

自立した方は生活費を負担しながら、外部の介護事業者を利用した時のみ、そのサービス費を負担します。

 

「利用した分しか払わない」のが特徴です

 

介護付有料老人ホーム / 定額制

「介護付有料老人ホーム」の場合、費用は「入居金+月額利用料」です。

 

要介護度により、介護保険の自己負担額が月単位で決まっています。

 

費用は「定額制」です。

 

住宅型有料老人ホーム / 変動制

「住宅型有料老人ホーム」の場合、必要な介護サービスのみを選択・利用できるので、月額利用料が「介護付有料老人ホーム」よりも、やや安めになっています。


しかし、介護サービスを利用した分だけ費用がかかるので、たくさんの介護が必要な人にとっては、月額利用料が高額になるケースもあります。

 

 

・選択した介護サービス

・受けた介護サービスの回数

 

以上の2つで費用が決まることになります。

 

費用は「変動制」(オプション価格)です。

  

 

・介護度が低い方は、「住宅型有料老人ホーム」が経済的

・介護度が高い方は、「介護付有料老人ホーム」が経済的

以上が「介護業界の通説」になっています。

 

予算のイメージが難しい / 住宅型有料老人ホーム

「介護付有料老人ホーム」は、「住宅型有料老人ホーム」に比べて、毎月の支払い額がイメージしやすいのが特徴です。

 


「住宅型有料老人ホーム」は、利用額が介護度とサービス回数に左右されるので、将来の支払い額がイメージしづらいです。

 

介護度が高くなると、介護サービスを利用する回数が多くなり、介護保険の支給上限額を超えるかも知れません。

 

 

超過分の費用は、すべて自己負担になります!!

(1割負担→10割負担)

 

共通した費用 / 「住宅型有料老人ホーム」「介護付有料老人ホーム」

おむつ・パットなどの日用品・レクリエーション費・提携医師の往診などの費用は、「住宅型有料老人ホーム」「介護付有料老人ホーム」ともに共通で、利用した分を支払います。

 


「住宅型有料老人ホーム」の「レクリエーション」や「イベント(催事)」に関しては、介護士の数に左右されます。

 

決められた訪問介護サービスで人員の余裕がなくなり、実施数が少なくなるかもしれません。

 

各介護スタッフの勤務予定に、レクリエーションを組み込めていない施設は多いです。

 

レクリエーションやイベントを連日実施して、毎日・数百円単位で徴収している施設も存在しています。

 

元同僚の話では、ナースコール「1回につき〇〇〇円」、と請求する施設もあったそうです。

  

心配無用?? / 「住宅型有料老人ホーム」の例外的事例

介護業界の定説では、「住宅型有料老人ホーム」介護度が高くなると、利用額が高額になるとあります。

 

介護保険の超過分が、すべて自己負担になるからです。

(1割負担→10割負担)

 

 

私が勤務した「住宅型有料老人ホーム」では、高額にならないように、介護サービスの調整がされていました。

 

本来有料でのサービスとなる身体支援(モーニングケア・ナイトケアなど)を、無料提供することで、入居者の負担を軽減する方法です。

 

 

「経験談 / 介護サービス費用調整」で紹介しています 

 

まとめ / 「住宅型有料老人ホーム」「介護付き有料老人ホーム」支払額の決まり方と影響

 

・「介護付有料老人ホーム」の価格

 

介護度による定額制(価格固定)

・介護度が上がっても、価格変動が小さい。

・介護度が高い方には経済的

・将来の支払額が予想しやすい

 

・ 「住宅型有料老人ホーム」の価格

 

 ・「介護サービス」と「利用回数」による変動制(オプション価格)

・利用回数が増えるにつれ、支払額が積み上がり続ける

・介護度が低い方には経済的

・将来の支払額が予想しずらい

 

 

住宅型有料老人ホームについては、下の記事も参考にしてください