派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【裏技!何を見る?/「老人ホームの見学」介護編】ポイントを経験者が紹介 file28

インターネットや雑誌で紹介されている「施設見学のポイント」だけでは、かなり不十分です。

  

「何を見るべき?」

「どこを見るべき?」

「判断材料は何?」

「基準が分からない?」

  

皆さん、同じ想いです。

 

心配いりません!

 

  

・見るべきポイント

・その理由は何か 

 

現場でご両親をお世話する介護士が、細かく紹介します。

 

 

この「派遣介護福祉士の資料」では、現場経験者の目線」を上乗せして解説しています。 

 

雑誌や書籍には掲載されていない「ポイント」が満載です

 

 

「老人ホーム」は人生最後の大きな買い物です!

 

 

施設見学なしで「老人ホーム」を選ぶ??

間違いなく失敗への近道です!

   


「両親の介護施設を探したいけど・・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴っています。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

「有料老人ホーム」では、7つの施設で勤務経験あり。

  

・健康型有料老人ホーム 1施設
・介護付き有料老人ホーム 3施設
・住宅型有料老人ホーム 2施設
・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
・特別養護老人ホーム 1施設
・老人保健施設 1施設
・グループホーム 2施設(4ユニット)
・デイサービス 1施設
・障がい者(自閉症)グループホーム 1施設(3ホーム)
・居宅介護支援事業所 2事業所

 

以上の10業態(13施設・2事業所)を経験しています。

 

  

現場の介護を見抜く / 「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」のチェックポイントを現場介護士が解説

   

インターネット・雑誌・書籍で紹介されている「老人ホームの選び方」は、

運営者」や「管理経験者」の意見ばかりです。

 

現場で実際に行われている事については、触れられていません

 

皆さんにとって不安なのは

「親にとって快適な生活となるのか」

「真摯な扱いを受けるのか」

「環境にうまく馴染めるのか」

など、生活全般なはずです。 

 

 

実際に勤務した「現場体験」を元に、

「見ておくべきポイント」を紹介してゆきます。

 

 

実際に現場で「施設見学する際」に、見ておくべきチェックポイントを、

・「現場介護スタッフの介護姿勢」

「建物の構造・配置」

の2回に分けて解説しています。

  


施設見学のポイントを説明する前に

 

「施設の清潔感」「スタッフの質」を見極めるポイントの「紹介記事」を見かけます。

 

現場経験者からすると「どうだろう?」と感じる意見が多いです。

 


よく考えてみて下さい

 


皆さんが見学される前に、事前予約をします

 


もし皆さんの自宅に、予約来客があるとします。

 

・「掃除をしておく」

・「整理整頓をする」

・「身だしなみを整える」

 

など、常識の範囲で来客準備をするはずです。

 

これは介護現場も同じで、事前に現場へ連絡が入ります。

 

皆さんに、通常の姿を見せることはありません!!

 


そこで現場経験者の観点から、

介護姿勢が見抜きやすい「ポイント」を紹介します。

 

 

既に取り入れた情報を、補足して読んでみてください

 

施設見学のチェックポイント / 介護姿勢に着眼する

 

見ておくべき「チェックポイント」を、介護士の目線で紹介します


スタッフの挨拶・服装

20歳代の若手職員は、「不貞腐れた表情」や「小声の挨拶」が多いです。

 

これはなんとも・・・判断材料にはならないです。


事前に来客が分かっているので、質の悪いスタッフでも明るい挨拶をします。

 

「大きな声」「馴れ馴れしい言葉使い」が聞こえたら、注意必要です


スタッフの介護意識

車椅子の方介助が必要な方を見ておきましょう。

 

普段の細やかな対応は、見学レベルでも見抜けます。


車椅子の方の足元を見る

移動の必要がない時は、ステップから足を降ろしているべきです

 

ステップに足を乗せ放しなら、介護意識が高くないです。


例外として、尖足防止で足を「車いすのステップ」に置いている場合もあります。

 

車いすに座り続けていない

本来、車いす上での座り放しは、介護者として避けるべき行為です。

 

テレビを視聴する際、リビングのソファに移されているようなら、普段から細かな対応ができていることになります。

 

食事や水分補給の際も、「車いす」から「食席」に移っていたら理想的です。


車いすのひじ掛け・座面端を見る

無人の車椅子の「座面の端」「ひじ掛け」に、「食べこぼし」が残っていないか見ておきましょう。

 

忙しい施設や無頓着なスタッフは、こまめに清掃しません


入居者の服装

 

気温の低い季節、

「ひざ掛け」を使用しているか

・「薄手の物」(カーディガンなど)をもう一枚羽織っているか

 


介護意識を見極める判断材料になります。

 

上着の着脱は、介助が増える事になります。

意識が低いスタッフは、省略したがります。


例外として、「本人が嫌がる」「洗濯している」と言う事情があるかもしれません。


食堂(リビング)テーブルを見る

 

「有料老人ホーム」では、玄関や廊下など共用スペースを、

介護スタッフが掃除することはありません。

 

「清掃パートさん」か「外注業者」が行います。

 

 

共用スペースの清潔感で、介護スタッフの質を判断できません!

 


チェックすべきは「食堂(リビング)のテーブル」です。

 

食事テーブルは、必ず介護スタッフが拭きます

 

 

テーブルの縁(ふち)に、

・「おかず」

・「ソース」

・「ごはん粒」

が、こびり付いていないか見てください。

 

「食べこぼし」は、定期的に拭いておかないと、こびり付いてしまいます。

 


清掃意識が薄い

・清掃に厳しいスタッフの不在

以上が想像できます。

 

食事エプロンを使用しても、「食べこぼし」は避けられないものです。

 


食べこぼしの多い方の食席は、何処だと思いますか?

     ↓↓↓↓
床の黒ずみで判断できます

 

床に落ちた食べ物は定期的に拭いても、「黒ずみ」となり残ってしまいます。

 

これは清潔感とは無関係と考えて良いです。

 

床に黒ずみがある「テーブルの縁(ふち)」を見れば、スタッフの質を判断できます。

 

 

そこに椅子が置いていなければ、「車いす利用者」の食席です。

車いすに座ったまま、食事をしていることが分かります。

 

水分介助(午前10時・午後3時)

水分介助は「マンツーマン対応」が基本です。

同時介助は最大2名まで。

 

「有料老人ホーム」では、入居者2名の同時介助を禁止している施設も多いです。


もし1人の介護スタッフが、入居者2名以上を同時介助していたら、人員不足や体制不備を疑って良いでしょう。


例外があるとすれば、急な病欠でスタッフの補充ができなかった場合です。

 

スタッフの指の位置(介助方法)

  

介護業界では

・「握らない」

・「掴まない」

・「引っ張らない」

を基本姿勢としています

 

圧迫による内出血を避けるために、入居者の体に指先で触れることは厳禁。

 

本来してはいけない事ですが、転倒確率が高い方の場合、ズボンを掴んで引っ張ることはあります。

 

介護者のモラル or 怪我を避ける、どちらを取るか難しいところです。

 

どちらにしても、介護スタッフの指の位置は、着眼しておくべきです。


スタッフへの質問・話しかけ

経験の浅いスタッフや、担当配置変えがあったスタッフから、明確な返答がなくても当たり前です。

 

判断材料としては薄いです


スタッフへの話かけは集中力が削がれます。

ミスの要因になるので、個人的には遠慮してほしいです。

 

もし現場スタッフの話を聞くなら、「主任」に絞りましょう

 

入居者への質問・話しかけ

入居者の方々は施設に気を遣って、本当のことは言いません


クレームの多い入居者だと、聞きたい情報が聞けるかも知れません。

 

ただ不満ばかり聞く羽目になり、貴重な見学時間を削ぐことになります。

 

知らない人に話かけられたと、介護スタッフが文句を言われるのも「有料老人ホームあるある」です。

 

個人的には意義がないです

 

運営理念

「老人ホームの選び方」でよくでる項目です。

現場スタッフで、運営理念を意識している介護士はいないと断言します。

 

運営理念が、介護現場に与える影響はありません!

 

個人的には意義がないです

 

施設長の経歴

母体企業からの出向社員だった場合、お勧めしずらいです。

 

何かと腰が重い傾向があります。

 

「現場の意見を汲みあげよう」「聞き耳を立てよう」なんて気が薄いです。

 

現場との距離感が大きい!

 

その姿勢は、入居者の生活にも関わってくることになります。

 

施設内の掲示物

よく見るアドバイスですが、「有料老人ホーム」の掲示版は、事務所の方が管理しています。

 

介護スタッフが掲示物を、用意することはありません。

 

「特別養護老人ホーム」「グループホーム」は、

「イベントのお知らせ」「スタッフの紹介」などを、

介護スタッフが準備・掲示しています。

 

担当する範囲や人数が限定的だからです。

 

「有料老人ホーム」ではあまりないです。

 

あるとすれば、小規模の有料老人ホーム(20名程度)です。

 

注意! / 営業担当者のトーク

現場介護士の多くは、営業担当者との交流はありません。


主任クラスの管理者が、時々事務所で会話をする程度です。

 

よって彼らは介護現場のことに、あまり知識がありません。

 

「タイトルだけ見て、中身を読んでいない」読書家だと思ってください。


「〇〇できると聞いてきたのに!」と現場でクレームを受けるのは、「有料老人ホームあるある」です。


営業担当者は契約目的なので、結構適当な返答をしがちです。

 

注意してください!

 

重要! / 「重要事項説明書」

「重要事項説明書」を請求してください。

 

法人によってはホームページでも閲覧可能です。

 

・財務

・建物

・人員

・費用

・返金額

・クーリングオフなど、

施設運営に関わる多くの情報が詰まっています。

 

もし契約前まで提出を拒否されたら、候補から外しましょう

 

まとめ / 施設見学で見ておくべきこと

  

・介護スタッフの大きな声

・車椅子から足が床に降ろされている

・車いすに座り続けていない

・車椅子のひじ掛け・座面の食べこぼし

・入居者の服装

・食事テーブルの縁(ふち)の汚れ

・水分介助の人員配置

・介護者の指使い

・施設長の経歴

 

このあたりが判断材料として、活用できます

 

 

・入居者への話かけ

・施設内の掲示物

・運営理念

に関しては判断材料にならないです。

 

  

「重要事項説明書」の請求は忘れないでください!!

 

 

他にも思い出し次第、常時アップデートしてゆきます。随時、覗いてみて下さい。

 

 

・「老人ホーム選び」の関連記事をまとめています

 

 

 

必須事項 / 「施設見学」「体験入居」はしておくべき

パンフレットやホームページだけで、絶対に施設を選んではいけません。

 

「施設見学」「体験入居」

は必須事項です。

 

手間を省くことなく、正しい過程を追って、入居契約をするべきです。

 

拙速な契約は避けましょう。


「施設見学」は3件程度はしておきたいものです。

多すぎても「迷う時間」が長くなるだけです。

 

各ご家庭の条件で絞込みをした上で、見学予約をしましょう。


これは絶対条件です !!


「施設見学」や「体験入居」をなしに入居する方は、結構多いですが、

これは絶対に避けなければいけません。

 

 

「施設見学」はインターネットでサイト登録しておけば、「見学申し込み」まで手軽にできます。

 

両親の人生をかけた重要な活動です。
時間と手間は惜しまない方が良いでしょう

 

施設をスムーズに選ぶために / 後悔しないために

 

業界実績がある大手サイトのみをご紹介しておきます。


施設選びがスームズに進み、皆さんの力添えになるはずです。

 

コーディネーター(相談員)を利用する場合は、アドバイスを受けましょう。


慣れない事全てを、自身だけで調べて実行するとなると、不安とストレスの連続になります。

 

コーディネーター(相談員)無料なので、利用しておくべきです。

 

知らないことを聞ける存在は、不安解消につながります

 

「勧められたから、ここにしておこう」は避けてください。

最終決定はご自身ですべきです!!

 

 

費用・入居時期・医療行為から介護施設を探す【かいごDB】

全国規模で施設紹介を展開されている、知名度高い大手検索サイトです。各ご家庭の事情(介護度・予算・場所)に合わせて、絞込みも可能です。
施設見学から入居までサポートが期待でき、有料老人ホーム以外も幅広く情報掲載されています。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます。検討の価値ありです。

  

 

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

首都圏に限定されていますが、介護士の人材派遣もされており、内部情報も期待できます 。介護業界で幅広く、活動されている企業さんです。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

 

シニアのあんしん相談室 老人ホーム案内

全国規模で施設紹介をされている検索サイトです。細かく分類分けされており、ホームページも見やすいです。資料請求やメール相談も応じておられます

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

シニアのあんしん相談室