派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【有料老人ホーム / いろいろあるけど、どう違う? 】現場経験者が各種類別にして解説します file24

呼び名がいろいろあって「何が違うのか?」「有料老人ホーム」は分かりにくい、と思っている方は多いはずです。

 

これは業界人も同じ想いです。

 

「有料老人ホーム」には、「健康型」「介護付き」「住宅型」など、様々なタイプの施設があります。それぞれのタイプの違いを、知っておく必要があります。


私の「有料老人ホーム」での勤務実績は「7」施設あり、タイプも一通り経験してきました。

 

・健康型有料老人ホーム 1施設

・介護付き有料老人ホーム 3施設

・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設

・住宅型有料老人ホーム 2施設


有料老人ホーム / 施設概要
 

介護業界14年目の派遣介護福祉士です。
「両親の介護施設を探したいけど・・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

 

入居に関する流れを順に整理しています。

こちらに目を通してから、読み進めると分かりやすいでしょう

         ↓↓↓↓

入居に関する心構え

【必須の基礎知識 / 不満・ストレスの根源】入所前に絶対に知っておくべき「たった一つの事」 file25 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

見学先を絞り込むポイント

【現場経験者の目線で細かく解説】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設の見学先を絞り込むポイントを紹介します file27 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

施設見学する際に見ておくべきポイント①

【現場経験者の目線で細かく解説 / 介護姿勢編】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設見学する際のポイント(着眼点)を紹介します file28 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

施設見学する際に見ておくべきポイント②

【現場経験者が現場目線で細かく解説 / 建物構造・配置編】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設見学のポイント(着眼点)を紹介します file29 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

体験入居すべき理由

【現場経験者の提言】 「有料老人ホーム」 / 体験入居をしておくべき「たった一つの理由」を説明します file30 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

契約までに確認・準備しておくべきこと

【最後まで気を緩めない / 現場経験者が紹介】入居契約前までに確認しておくべきこと・準備すべきこと file31 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

入居してから起こりうること

【えっ!そうなの? / 現場経験者がお教えします】入居中に起こりうること / 覚悟すべきこと file33 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 

 「有料老人ホーム」ってどんな所?

生活援助(食事・洗濯・掃除など)や身体援助(入浴・排せつなど)と、介護サービス全体を受けられる施設です。


「24時間介護士」が勤務しており、施設によっては「24時間看護師」勤務の施設もあります。私は両方勤務経験あり。

 


「特別養護老人ホーム」に入居できなかった方や、幅広いサービスを希望する方が入居されています。「特別養護老人ホーム」への転居や、財政的な理由などで退居される方が多いのも特徴でしょう。

 

私の経験上、入居期間は2年~5年程度が多いです。          


「有料老人ホーム」の種類

有料老人ホームには大きく分けて、


「健康型有料老人ホーム」
「介護付き有料老人ホーム」
「住宅型有料老人ホーム」


があります。


一般的なのは「介護付き有料老人ホーム」ですが、2010年代に入ってからは、行政の意向もあり、「住宅型有料老人ホーム」が増加傾向にあります。
又、「健康型有料老人ホーム」の開設は、2000年頃から認可が下りないので、近隣で見かけることはないでしょう。介護士でも存在を知らない方が多いです。

 


「特別養護老人ホーム」(特養)との違い

「有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」の主な違いには、以下の事項が挙げられます。


・介護度が入居の条件とならない(特養は介護度3以上)
・金額が高額(月30~50万円あたり)
・ユニット制を採用していない(介護職員の移動範囲が広い)
・株式会社が多い
・倒産や身売りのリスクがある

・おむつ・リハビリパンツなど排泄用品は別途請求


私の経験上、「有料老人ホーム」の身体介助や介護技術は、「特別養護老人ホーム」と比較しても、全く遜色ありません。

 

24時間看護師常駐の「有料老人ホーム」であれば、「特別養護老人ホーム」よりも身体介助はかなり多く、「看護助士」の役目もあるので、医療知識が高くなります。

 

www.careismylife.com

  

「健康型有料老人ホーム」って何?

名前の通り、健康な方(自立度が高い方)しか入居できない老人ホームです。

 

既に介護認定を受けている方は、入居資格がありません。

 

現在、「健康型有料老人ホーム」は開設の認可が下りない為、国内では希少な存在となっています。

 

「健康型有料老人ホーム」について、下のリンク先で紹介しています

          ↓↓↓↓

【現場経験者が紹介】「健康型有料老人ホーム」の概要と実態 / 業界人も知らない存在 file16 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 

「介護付き有料老人ホーム」って何?

介護サービス全般を受けることができる施設で、介護度による定額制となります。
様々なタイプの施設があり、費用やサービスの選択肢も広くなります。

 

介護度が入居条件とならないのは、嬉しいところでしょう。

 

「介護付き有料老人ホーム」について、下のリンク先で紹介しています

          ↓↓↓↓

【現場経験者の目線で紹介します】両親の施設選び /「介護付き有料老人ホーム」の概要 file26 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策


 

「住宅型有料老人ホーム」って何?

介護度に応じて、必要な介護サービスを選択して受けられる施設です。


外部の訪問事業所からヘルパーが訪問して、介護サービスを提供することになっていますが、実際ほとんどの介護サービスは、施設内の介護士が行っています。

 

「住宅型」は「介護付き」と、どう違う?

「住宅型有料老人ホーム」介護サービスは、施設併設の事業所扱い(外部サービス)となり、

 

「介護付き有料老人ホーム」は施設のスタッフが行う
「住宅型有料老人ホーム」は外部事業所のスタッフが行う

 

その程度の違いでしかありません。

 

しかし実際の外部事業所スタッフは、施設スタッフが兼ねていますので

実質は同じと考えて良いでしょう。

 

経験者の立場からすると、入居者が受けられるサービスはほぼ同じで、「介護付き有料老人ホーム」と、実態は何ら変わりありません

 

 

「支払い金額の決まり方」が違うだけでしょう。

 「介護付き」は「セット価格」

「住宅型」は「オプション価格」

と表現すると分かりやすいでしょうか。

 

「住宅型有料老人ホーム」は、介護度が低い場合は費用が安くつきますが、介護度が高くなるにつれ、費用も増加してゆくのが特徴です。

  

「サービス付き高齢者向け住宅」


「有料老人ホーム」と異なります。

バリアフリー構造で、「高齢者専用のマンション」と表現すれば、分かりやすいかも知れません。


通称「サ高住」と呼ばれており、2010年代に入って急増した施設です。公的ではない民間業者の運営となります。


介護の必要性が薄い、自立高齢者のための施設です。一般のマンション生活と同じ環境で暮らせ、外出などの移動制限もほとんどありません。

 

基本的な提供サービスは、「安否確認」「生活相談」となり、必要なサービスは外部事業社と、別途契約する必要があります。(併設事業所と契約が多い)

 

初期費用や家賃が安くつきますが、介護度が高くなると費用が高くついたり、認知症になった場合には、退居の可能性が高いのが特徴でしょう。夜間も見守り巡回のみとなります。

 

自立されている方には、自由度が高い、メリット大きい施設です

 

 

積水ハウスグループのシニア向け賃貸住宅

首都圏内で手広く展開されている、シニア向け住宅の公式サイトをご紹介しておきます。系列も多いようですので、資料請求・検討してはいかがでしょうか。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

 

施設選びの注意点

 

「パンフレット」や「ホームページ」だけで、絶対に施設を選んではいけません


施設選びに必要な「3要素」は、

 

「情報収集」「見学」「体験」

 

手間を省くことなく、正しい過程を追って、入居契約をするべきです。

 

拙速な契約は避けましょう

 

ご両親のために時間と労力を惜しまず、ぜひ後悔のない施設選びをしてください。

 

専門の相談員の意見を参考にすると、検討がスムーズになり、リスク回避にも繋がりお薦めです。

 

施設をスムーズに選ぶために / 後悔しないために

 

業界実績がある大手サイトのみをご紹介しておきます。
施設選びがスームズに進み、皆さんの力添えになるはずです。

 

コーディネーター(相談員)を利用する場合は、アドバイスを受けましょう。
慣れない事全てを、自身だけで調べて実行するとなると、不安とストレスの連続になります。

知らないことを聞ける存在は、不安解消につながります

 

「勧められたから、ここにしておこう」は避けてください。

最終決定はご自身ですべきです!!

 

 

費用・入居時期・医療行為から介護施設を探す【かいごDB】

お薦めの紹介サイトさんです

全国規模で施設紹介を展開されている、知名度高い大手検索サイトです。各ご家庭の事情(介護度・予算・場所)に合わせて、絞込みも可能ですよ。
施設見学から入居までサポートが期待でき、有料老人ホーム以外も幅広く情報掲載されており、利便性も高く、力添えとなるでしょう。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます。

  

 

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

首都圏に限定されていますが、介護士の人材派遣もされており、内部情報も期待できます 。介護業界で幅広く、活動されている企業さんです。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

 

シニアのあんしん相談室 老人ホーム案内

全国規模で施設紹介をされている検索サイトです。細かく分類分けされており、ホームページも見やすいです。資料請求やメール相談も応じておられます

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

シニアのあんしん相談室

  

老人ホーム検索サイトNo.1

全国規模で施設紹介をされている検索サイトです。

取り扱い件数の多さは、嬉しいところです。ホームページも見やすく、資料請求してみる価値ありだと思います。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます