派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【何を見ておくべき?現場経験者の目線で解説 / 建物構造・システム編】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設見学のポイント(着眼点)を紹介します file29

ネットや雑誌で紹介されている「施設見学のポイント」は、かなり不十分です。

 
実際に勤務した「現場体験」を元に、実際に「施設見学」する際に、見ておくべき「ポイント」(着眼点)を紹介してゆきますので、施設探しの際の参考にして下さい。

 

 

この項では「建物の構造・システム」に関するチェックポイントに絞って紹介しています。

 


「両親の介護施設を探したいけど・・・」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。


2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。


建物・システムの不備を見抜く / 施設見学をする際の重要チェックポイント

 

私は「有料老人ホーム」では、7つの施設で勤務経験があります。(うち「介護付き有料老人ホーム」は4つ)

 

 

 


「施設見学する際」に、見ておくべきチェックポイントを、

「現場介護スタッフの介護姿勢」

「建物の構造・システム」

の2点に分類し解説してゆきます。

  

 

入居に関する流れを順に整理しています。

こちらに目を通してから、読み進めると分かりやすいでしょう

         ↓↓↓↓

入居に関する心構え

【必須の基礎知識 / 不満・ストレスの根源】入所前に絶対に知っておくべき「たった一つの事」 file25 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

見学先を絞り込むポイント

【現場経験者の目線で細かく解説】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設の見学先を絞り込むポイントを紹介します file27 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

施設見学する際に見ておくべきポイント①

【現場経験者の目線で細かく解説 / 介護姿勢編】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設見学する際のポイント(着眼点)を紹介します file28 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

施設見学する際に見ておくべきポイント②

 当ページ

 ↓

体験入居すべき理由

【現場経験者の提言】 「有料老人ホーム」 / 体験入居をしておくべき「たった一つの理由」を説明します file30 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

契約までに確認・準備しておくべきこと

【最後まで気を緩めない / 現場経験者が紹介】入居契約前までに確認しておくべきこと・準備すべきこと file31 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 ↓

入居してから起こりうること

【えっ!そうなの? / 現場経験者がお教えします】入居中に起こりうること / 覚悟すべきこと file33 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 


必須事項 / 「施設見学」「体験入居」はしておくべき

パンフレットやホームページだけで、絶対に施設を選んではいけません。

 

「施設見学」「体験入居」は必須事項です。

手間を省くことなく、正しい過程を追って、入居契約をするべきです。

拙速な契約は避けましょう。


「施設見学」は3件程度はしておきたいものです。多すぎても「迷う時間」が長くなるだけですので、各ご家庭の条件で絞込みをした上で、見学予約をしましょう。


これは絶対条件です !!

 

 

入居コーディネーターなどの情報は、かなり参考になるものです。私の現場目線での意見と併せれば、強い味方となるでしょう。

 

  


施設見学のポイントを説明する前に

ネットや雑誌で紹介されている「施設見学のポイント」だけでは、かなり不十分です。

 
そこで現場介護士の観点から、実際の「施設見学」の際に、チャックしておくべき「着眼点」を述べてゆきます。

 

皆さんが既に取り入れた情報を、補足する形で読んで頂ければと思います。

 


施設見学のチェックポイント / 「建物の構造・システム」編

 

それでは実際に現地で「施設見学」する際の、チェックポイントを紹介します

 

あくまで候補を絞り込む判断材料とお考えください

 

施設設備

バリアフリーや設備に関しては、どこも大差はないです。

 

身体介護度が高い方は、将来リフト浴になることを考慮して、リフト浴設備があるか確認しておくと良いでしょう。


浴室スペースが小さくて、リフト浴設備のない施設もあります。そうなると退居や別施設移動の必要に迫られます。座位の状態で入浴できる設備は、どこでも用意されていますが、臥床(横になる)状態で入浴できる設備がない施設は、結構存在します。


廊下幅が狭い

廊下の両側に、居室がある施設は良いと思います。

一か所で、多くの居室からの異音(異変)に気づけるからです。

 

廊下の距離が長い施設や、回廊になっている施設は、居室からの異音(異変)に気づきずらいです。

 

どの程度の生活音が、居室から廊下に聞こえてくるかを、判断材料にしてみましょう。

 

廊下の幅は、車いす2台が交差できる程度で十分です。現場経験上、廊下幅は狭い方が良いと考えています。


日当たりは気にしない

南側の日当たりの良さは、居室選びの条件には入れない方が良いです。

 

日中の定期巡回の際、多くの方がカーテンを閉めておられます。
居室に陽が差し込むことになり、「暑い」上に「眩しい」からです。特に秋冬はかなり陽が差し込みます!!


夏は暑くて、秋冬は眩しい

 

例え見晴らしが良くても、カーテンを閉めるなら利点少ないと思います。


多くの施設は施設内見学を、午後2~4時辺りに行うでしょう。南側の居室を検討するなら、その際に陽の差し込み方をチェックしておくべきです。

 

確認するには、丁度良い時間帯です。


ベランダの広さは気にしない

老人ホームのベランダは、普段の生活には不必要です。避難する際の動線でしかありません。


介護スタッフでも、ベランダに出たことがないスタッフは多いです。

植物なども、避難時の障害となるので、ベランダに置くことは禁止されています。

 

エレベーターが2台ある

前回の「施設見学先を絞り込むポイント」で解説しています

再度、現地で確認しておきましょう

   ↓↓↓↓

【現場経験者の目線で細かく解説】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設の見学先を絞り込むポイントを紹介します file27 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策


各階にリビング(食堂)があるか

リンク先の「1階や最上階に大食堂がない」で説明済です

再度、現地で確認しておきましょう

  ↓↓↓↓

【現場経験者の目線で細かく解説】 「介護付き有料老人ホーム」 / 施設の見学先を絞り込むポイントを紹介します file27 - 派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

 

介護スタッフが見当たらない

大規模な建物にあるパターンです。人員不足配置の不備が考えられます。
不測の事態があった場合、気配を感じられないので、発見や緊急対応が遅くなります。

 

建物が大きな規模の施設は、あまりお薦めしません


フロア制を採用している

各階に介護スタッフが、一人常駐するスタイルです。

 

人員不足もあり、最近はこのスタイルが消えつつあります


スタッフの「眼や耳」が届きにくくなります。階を跨いだ縦動線の移動は、ナースコールへの対応もかなり遅くなります。

 

見学の際に、口頭で「フロア制を採用しているか」確認しておいても良いでしょう。

 

看護師の人数

介護士同様に看護師が何名所属しているかも、大事なポイントです。

 

50~60名程度の中規模「介護付き有料老人ホーム」で、

所属は、2~3名

出勤人数は、1~2名

このパターンが多いです。(24時間看護師常駐は除外)

 

元・同僚から、看護師が1名しか在籍していない「有料老人ホーム」で、勤務したと聞いたことがあります。看護師が1名だと、その方が休むと、看護師は不在ということです。

 

小規模の「住宅型有料老人ホーム」で、併設していない外部の「訪問看護事業所」と契約している場合は、看護師は常駐しません

 

まとめ

このあたりに着眼すれば、「施設見学する際」の情報収集や判断材料として活用できると思います。

 

これら全てを取り入れることは無理があるので、各家庭の優先すべき条件から、取捨選択して候補を絞り込むと良いでしょう。

 

他にも思い出し次第、常時アップデートしてゆきます。随時、覗いてみて下さい。

 


「施設見学」はインターネットでサイト登録しておけば、「見学申し込み」まで手軽にできます。ネット検索や登録も複数しておいて、「情報の幅」を広げておき、比較する事も強くお薦めします。

 

入居コーディネーターなどの情報は、かなり参考になるものです。私の現場目線での意見と併せれば、強い味方となるでしょう。


両親の人生をかけた重要な活動です。
時間と手間は惜しまない方が良いでしょう

 

 

施設をスムーズに選ぶために / 後悔しないために

 

業界実績がある大手サイトのみをご紹介しておきます。
施設選びがスームズに進み、皆さんの力添えになるはずです。

 

コーディネーター(相談員)を利用する場合は、アドバイスを受けましょう。
慣れない事全てを、自身だけで調べて実行するとなると、不安とストレスの連続になります。

知らないことを聞ける存在は、不安解消につながります

 

「勧められたから、ここにしておこう」は避けてください。

最終決定はご自身ですべきです!!

 

 

費用・入居時期・医療行為から介護施設を探す【かいごDB】

全国規模で施設紹介を展開されている、知名度高い大手検索サイトです。各ご家庭の事情(介護度・予算・場所)に合わせて、絞込みも可能です。
施設見学から入居までサポートが期待でき、有料老人ホーム以外も幅広く情報掲載されています。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます。検討の価値ありです。

  

 

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

首都圏に限定されていますが、介護士の人材派遣もされており、内部情報も期待できます 。介護業界で幅広く、活動されている企業さんです。

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

 

シニアのあんしん相談室 老人ホーム案内

全国規模で施設紹介をされている検索サイトです。細かく分類分けされており、ホームページも見やすいです。資料請求やメール相談も応じておられます

バナーをクリックしても、公式サイトにアクセスできます

シニアのあんしん相談室