派遣介護福祉士の資料 - 施設選びと認知症対策

「両親の介護施設」「介護業界への転職」、介護現場の体験談を元にポイントを紹介します

スポンサーリンク

【転職決意】介護業界へのきっかけ / 「ホームヘルパー2級講座」資料と介護施設研修 file1

 介護業界14年目の派遣介護福祉士です。

「両親の介護施設を探したいけど」「介護業界で働いてみたいが」、そんな不安の解消に役立てられるように、13年以上の介護現場での体験を綴ってゆきます。

 

2007年に介護業界へ身を投じ、早や14年目を迎えました。(派遣歴12年)
派遣社員の特性もあり、経験した施設数は「13」になります。

 

・健康型有料老人ホーム 1施設
・介護付き有料老人ホーム 3施設
・住宅型有料老人ホーム 2施設
・24時間看護師常駐・有料老人ホーム 1施設
・グループホーム 2施設(4ユニット)
・特別養護老人ホーム 1施設
・老人保健施設 1施設
・デイサービス 1施設
・障がい者(自閉症)グループホーム 1施設(3ホーム)
・居宅介護支援事業所 2事業所

以上、10業態13施設を経験しました。


「業務の覚え直し」「0スタート」の連続は厳しかったですが、その分経験と知識は積み上がり、業界人の繋がりが広がりました。もちろん、業界情報も積み上がりますよね。

 

私の財産です

 

  

www.careismylife.com

 

 

「介護資格」資料請求と申し込み / 介護業界へ導いた「1枚のパンフレット」

 

 

私が介護業界に入ったきっかけから、スタートします。


アルバイトからの脱却

2006年末、手伝っていた知人の物販店を、辞めることになりました。
知人の個人事業ということもあり、社会保険なしのアルバイト扱いで働いていたので、雇用保険はありません。


当時は39歳。まもなく、40歳です。


いつまでもアルバイト生活という訳にはゆきませんよね。転職を決意しました。

 

39歳での「就職探し」となると臆病になるもので、不安も大きかったです。


次の就職まで暫くは、貯金を切り崩す日々になりそうです。そんな状況からのスタートでした。


1枚のパンフレットを手にする


駅なのかコンビニなのか、今では思い出せません。「ホームヘルパー2級講座」のパンフレットを持って帰りました。


ここがスタートです

 

母親が69歳でしたので、将来の「親の介護」を考えて、無職の「暇~~~なうち」に知識を入れておこうと、「ホームヘルパー2級講座」を受講することにしました。

 

授業料と教材料で、10万円以上です。スクーリングや研修先への交通費なども入れると、総額13万円ぐらいになった記憶があります。

 

痛い出費です

 

かなり高い投資だったけど、今となっては安い買い物 !!


不安がよぎる

スクーリングが一通り終了し、

 

「さあ、これから5回の施設研修だ」

「これを終えたら、資格獲得」

 

なんて思っている時、ふと思ったんです。

10万円以上使っても、「時間が経ったら忘れ去るんだろう」 と


介護生活はここから始まる

大金を無駄にしない方法は、介護業界への就職しか選択はありません。

 

「2年もやれば、資格も無駄にはならないだろう」

 

これが介護業界へ入った理由です。

就職先の少ない「就職氷河期」の終末期でしたが、介護業界って人手不足。

40歳前のおっさんでも、「ウェルカム」な業界でした。

 

決意


「2年間は低賃金でも、丁稚奉公だと割り切ろう」

そんな決心でした。


業界でのスタートは、派遣ではなく、直接採用です。

 

しかし面接で施設長から、「警告」を受けることになりました。

 

続きは次回にします。

www.careismylife.com